まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#226(昨夜の満月など雑感)

昨夜は、WBCの日本vsオランダ戦の野球中継を見ていました(シンガポールでも日本のTVが見られる有料サービスがあります)。大接戦で目が離せなくなり、最後まで見てしまいました。日本が勝って良かったです。海外にいると、日本人選手やチームの活躍が本当に嬉しくなりますね。

外を見ると、東の空に真ん丸の大きな月が出ていました。雨季が終わっていない当地は、このところ天気がいま一つ。でも昨日は良い天気で、しかも満月でした。久しぶりに月見が出来て、これまた良かったです。

今週の仕事も始まったので、元気に頑張りたいと思います。

f:id:kaz-sasaki:20170313125305j:image


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#225(散歩がてら瑞春と麗英へ)

午後から天気が良くなって、暑い一日となりました。

今日のランチは"瑞春(Swee Choon Tim Sum Restaurant)"に出かけました。ここは真夜中営業で知られた点心レストランですが、最近、ランチ営業も始めたと聞き訪れました。場所は、ムスタファセンター(MRTファーラーパーク駅)のすぐ近くにあります。

店に着くと、かなりの行列でした。携帯番号を登録して待つこと暫し。その間に、写真入りのメニューを見ながらオーダー表に書き込んでおきます。

まず注文したのが定番の「上海小籠包」。

f:id:kaz-sasaki:20170312190526j:image

次に「四川風チリワンタン」。

f:id:kaz-sasaki:20170312190649j:image

それに「ミーシャクエ(かた焼き素麺)」。

f:id:kaz-sasaki:20170312190812j:image

これははずせない「卵黄バン」。中にはカスタードのような卵黄が入っています。

f:id:kaz-sasaki:20170312191016j:image

他にもいくつか注文しましたが、どれも美味しかったです。最後は、スイーツの「マンゴーポメロサゴ」で締めました。

f:id:kaz-sasaki:20170312191250j:image

安くて美味しいので、満足度が高い店ですね。難点は、ビールなどアルコール類を置いていないことでしょうか。

帰りには、老舗ローカルスイーツ店の麗英(LECafe)に立ち寄って、ビーンカルドタルトを買いました。

f:id:kaz-sasaki:20170312191732j:image

ここはパイナップルタルトが有名ですね。一方、ビーンカルドタルトは中身が豆乳ベースで、それほど甘くもなくお勧めのスイーツです。

f:id:kaz-sasaki:20170312192049j:image

行き帰りとも運動を兼ねて、ウォーキングしました。この週末も街歩きが出来て楽しかったです。 


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#224(ブギス辺りの街角風景)

今日は土曜日。朝はゆっくり起きて、昼過ぎからブギスまでウォーキングがてらランチに出かけました。

目的の店の近くで自転車に乗った店主に声を掛けられました。日本語が達者な店主で、今日の午後はお休みとのこと。仕方なく日を改めることに。

そのあとブギス辺りを歩きながら撮ったのが次の写真です。

1枚目は、街角で見かけたウォールアート。コーヒーショップを営むショップハウスの壁面に、見事な絵が描かれていました。なかなか上手な絵で感心しました。

f:id:kaz-sasaki:20170311195427j:image

2枚目は、アラブストリートで撮ったトライショー(Trishaw)の一団です。トライショーは、自転車にサイドカーを取り付けた乗り物。かねてからシンガポールの名物として知られています。

f:id:kaz-sasaki:20170311195742j:image

当地で、このようなトライショーの集団を見るのは珍しいです。聞いたところでは「トライショー・アンクル」と言う観光客向けのトライショー・ツアーだとか。ブギスのアルバート・センター前から乗れるそう。

ウォールアートとトライショー、全く異なるものですが、街の活性化や賑わい、魅力づくりなどを考えるうえでヒントが得られるように思われました。

なお、今日のランチは、何度か行ったことのある街角食堂でフィッシュボール・ヌードルを食べました。これも、また結構美味しかったです。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#223(ラブラドール自然保護区でウォーキング、その3)

"ラブラドール自然保護区(Labrador Nature Reserve)"の東端まで歩いてきました。次第に雲が厚くなって、今にも雨が降り出しそうです。

ここからケッペル島やセントーサ島はすぐ近く。正面には"Reflection at Keppel Bay"が見えました。

f:id:kaz-sasaki:20170310124612j:image

この建物は、著名建築家ダニエル・リベスキンドの設計になる巨大コンドミニアムで、2011年に完成しました。24階建から41階建まで6つの高層住宅と11の低層アパートで構成されています。「弓なりのタワー」「鋭角の屋上」「スカイブリッジ」など、その特異な外観(「たけのこコンド」と呼ばれたり)で、今ではシンガポールのランドマークの一つに数えられています。

ラブラドール自然保護区からは、海上に渡された"Bukit Chermin Boadwalk"を通って"Reflection at Keppel Bay"方面に渡ることが出来ます。

ボードウォークは、こんな感じです。

f:id:kaz-sasaki:20170310130649j:image

海の上を歩いているようで気持ちが良く、なかなか快適でした。南国の樹木が海に突き出して、今にも倒れてきそう。この辺りは魚などにとって、良い住処のようです。

f:id:kaz-sasaki:20170310131149j:image

木々は花や実をつけていました。これは"Sea Grape"というらしい。確かに、ブドウに似た形をしています。

f:id:kaz-sasaki:20170310131438j:image

名前は分かりませんが、こんな南国らしい花も咲いていました。

f:id:kaz-sasaki:20170310131518j:image

対岸に渡った頃には、かなりの雨となりました。当地では必携の傘を差して、"Reflection at Keppel Bay"を観察しつつ、MRTハーバーフロント駅まで歩いたあと帰宅しました。なかなか盛りだくさんのウォーキングで楽しかったです。このコースはお勧めですね。

f:id:kaz-sasaki:20170310132045j:image

(ラブラドール自然保護区は今回でお仕舞いです)


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#222(ラブラドール自然保護区でウォーキング、その2)

"ラブラドール自然保護区(Labrador Nature Reserve)"は、小高い丘に囲まれた自然海浜公園です。原生林で覆われた丘にはトレイルが整備され、ウォーターフロントだけでなく丘陵部のウォーキングも楽しめるようになっています。また丘全体は、第二次大戦に使われた旧英国軍の砲台跡や軍事用トンネルなどが残る戦跡ともなっています。

丘のトレイルへの入り口が、こちらの写真です。この先は、濃密な原生林が広がるなか、急な階段が続いています。

f:id:kaz-sasaki:20170309114741j:image

トレイルは、熱帯雨林のなかをアップダウンを繰り返しながら延々と続いていました。ここでは出会う人もなく、少し心細くなるほど。時折、オオトカゲ(小さめの)やらリスなどが出てきて驚かされました。

f:id:kaz-sasaki:20170309115151j:image

トレイルを歩いていると、ところどころに旧英国軍の砲台跡が現われます。その一つが、次の写真です。結構、リアルに造ってありました。

f:id:kaz-sasaki:20170309115722j:image

丘から降りた海辺には、今もトーチカが残されています。説明の表示板には"Machine Gun Post"と書いてありました。

f:id:kaz-sasaki:20170309120658j:image

自然が豊かな海辺や丘を歩いているだけで、身体がリフレッシュされるようでした。一方で、第二次大戦の戦跡に触れることで、当時のシンガポールが置かれた時代背景や国際関係をもっと知る必要性を感じました。

このラブラドール自然保護区、かなり奥が深いですね。

(次回もラブラドール自然保護区です)


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#221(ラブラドール自然保護区でウォーキング)

以前から行きたかった"ラブラドール自然保護区(Labrador Nature Reserve)"を歩いてきました。ここはシンガポール南端にあって、ケッペル湾に面する周囲およそ2.1kmの自然海浜公園です。小高い丘もあって、丘陵部とウォーターフロントの両方をウォーキング出来る当地では貴重な自然保護区ですね。

最寄り駅は、MRTサークル線のラブラドール・パーク。ここから歩いてほど近くに公園の入り口があります。

f:id:kaz-sasaki:20170308130155j:image

公園に入ると、大きく視野が拓けました。見えるのは大きな樹木の向こうにある海と、ガントリークレーン、それに沢山の船です。

f:id:kaz-sasaki:20170308130736j:image

天気はいま一つでしたが、大きく拓けた視界の先の眺めはとても良かったです。海には、コンテナ船などの船が停泊していました。

f:id:kaz-sasaki:20170308131420j:image

公園の端には、海に向かってかなり長いデッキが造られています。

f:id:kaz-sasaki:20170308132437j:image

デッキは出入りが自由に出来るので、釣り人も多かったですね。アイゴやマス、テンジクダイなどが釣れるようです。

f:id:kaz-sasaki:20170308131618j:image

一方で、岸から釣っている人の姿も。この辺りは、なかなか絵になる風景です。

f:id:kaz-sasaki:20170308131743j:image 

家族で散歩したり、バーベキューで騒ぐ一団もいたりで、それぞれの休日を楽しんでいる様子でした。

蒸し暑い昼下がりでしたが、海辺のウォーキングは快適で楽しかったです。   (ラブラドール自然保護区、次回に続きます)


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

シンガポール街歩き#220(南洋老珈琲&東興@チャイナタウン)

"チャイナタウン・ヘリテージ・センター"を見学して外に出ると、生憎の空模様でした。このところシンガポールは、よく雨が降っています。雨季もそろそろ終わりのはずなのですが。

雨のなかを少し歩いて"南洋老珈琲(ナンヤン・オールド・コーヒー)"でひと休みしました。注文したのは"コピ・オ・コソン(Kopi-O-kosong)"。ローカルのブラックコーヒーですね。なお、コピはマレー語でコーヒーのことです。

f:id:kaz-sasaki:20170307155717j:image

当地に赴任してから、このローカルコーヒーが好きになり、ほぼ毎日飲んでいます。この店の"コピ・オ・コソン"は、これまでいろいろと飲んだなかでも美味しかったです。

因みにコピの豆は、インドネシアとマレーシアが原産で、ロブスタ、アラビカ、リベリカの3種があるとか。

"南洋老珈琲"は、赤い外観でよく目立っています。店内はノスタルジックな雰囲気でローカル客が多いです。ここは、ローカルな雰囲気を味わうには打ってつけ。たまにスタバも良いですが、シンガポールではコピ・ティアム(コーヒーショップ)が似合っていて好きです。

f:id:kaz-sasaki:20170307162615j:image

帰りには、道路の斜向かいにある"東興(トン・ヘン)で、エッグタルトなどを買いました。

f:id:kaz-sasaki:20170307162327j:image

菱形のエッグタルトは、チャイナタウンの名物ですね。甘さ控えめで、美味しかったです。

f:id:kaz-sasaki:20170307162416j:image


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村