読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#263(平城苑で夕食)

昨日は早めに帰宅しました。連休で日本からやってきた長女の提案で、夕飯は焼肉を食べに出かけました。訪れたのは、オーチャードのWisma Atria 4階にある平城苑。

f:id:kaz-sasaki:20170508221921j:image

平城苑は、日本で1970年に創業した焼肉の老舗ですね。現在、日本で24店舗を展開しているとか。

シンガポールでは Japan Food Town の一画に店を構えています。店内はかなりの広さがあって、綺麗でした。

f:id:kaz-sasaki:20170508223536j:image

シンガポールで焼肉か、とも思いましたが、久しぶりに食べた焼肉は美味しかったです。注文は、アラカルトで何皿か注文しました。焼肉には全く疎いので、どの部位なのかよくわかりません。

f:id:kaz-sasaki:20170508223950j:image

f:id:kaz-sasaki:20170508224009j:image

長女が頼んだ料理のなかで、面白かったのがニンニクの小鍋(?)です。

コンロにかけているときは、こんな感じでした。

f:id:kaz-sasaki:20170508224314j:image

コンロから下ろすと、こんがり色付いて美味しそう。

f:id:kaz-sasaki:20170508224528j:image

どこの部位かもわからない焼肉初心者ですが、結構美味しく頂きました。

ローカルの客も多くいて、店内も綺麗。味も良いので、当地で焼肉を食べたくなったら、ここはお勧めですね。

お代は、3人で250s$ほどでした(お酒もほどほどに呑んでいます)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#262(たまにはスイミング)

このところシンガポールは、暑さが増してきているように感じます。この土日は余りの暑さに我慢できず、コンドミニアムのプールでひと泳ぎしました。

写真は泳いだプールです。私の代わりにアヒル君に登場してもらいました。

f:id:kaz-sasaki:20170507230622j:image

シンガポールでは大抵のコンドミニアムにプールとジム、それにバーベキューコーナーの3点セットが設置されています。

赴任してきた当初は、外が暑くて運動不足気味になったことからプールでよく泳いでいました。でも最近は、それも面倒になり、とんとご無沙汰していました。久しぶりに泳ぐと気持ちよかったです。

f:id:kaz-sasaki:20170507231136j:image

普段は、街歩きのウォーキング以外、ほとんど運動らしきものをしていません。でも昔からスイミングは好きなので、これからは定期的に泳ごうと思っています。

f:id:kaz-sasaki:20170507231509j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#261(有田焼とコラボするSupermama【スーパーママ】)

昨日のシンガポールは、かなりの暑さでした。やや消耗気味で、久しぶりに夏バテしそうです(まあ、当地は年中、夏ですが・・・)。

さて、「シンガポール街歩き」の続きです。今回は、ウォーキングがてらSupermama【スーパーママ】を訪ねました。

Supermamaは、皿や雑貨などを扱う当地のギャラリーショップ。以前は、シンガポール・アート・ミュージアム(SAM)に店舗がありましたが、現在は、サルタン・モスクにほど近い Beach Road沿いに移転しています。

f:id:kaz-sasaki:20170505235953j:image

このショップは、日本の有田焼を手がける専門商社KIHARA(キハラ)とのコラボで"One Singapore"などのオリジナルプレート(皿)を売り出したことで知られています。

"One Singapore"は、シンガポールを代表するアイコンが沢山描かれた皿のこと。アイコンは、例えばマーライオンやベイサンズ、スーパーツリーなどなど。リー・クアンユーなどの人物も描かれています。

白磁に呉須の染付は、有田焼の技法が如何なく発揮され、良い仕上がりです。

f:id:kaz-sasaki:20170506001522j:image

シンガポール土産などに人気を博して、一時は品切れ状態となったほど。私も贈答用と自分用に、これまで2枚(小皿)を購入しています。

今回訪れたときは、これまでよりアイコンの数を増やした2017年バージョンが売られていました。お値段は大皿が84s$、小皿は42s$です。

この他にも、いろいろな商品を置く店内は、なかなかお洒落です。

f:id:kaz-sasaki:20170506002219j:image

雑貨もいろいろ置いてあるので、見るだけでも楽しめるショップですね。シンガポールでの記念品を探す際には、特にお勧めします。

f:id:kaz-sasaki:20170506002541j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ

 

シンガポール街歩き#260(クラウドフォレストとフラワードーム)

昨日のシンガポールは、良い天気となりました。大型連休を利用して日本からやってきた娘たちのリクエストで、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに出かけました。

初めて訪れた娘たちは、そのスケールの大きさや構想力に驚いたようでした。

写真は、屋内植物園のクラウドフォレスト。ボルネオのキナバル山を模した人工の山ですね。低温で湿度の高い山岳地帯の植物を展示しています。頂上からクラウドウォークで歩いて下りるのは、空中散歩のようで爽快でした。

f:id:kaz-sasaki:20170504230737j:image

クラウドウォークの途中には、高山性の綺麗な花が咲いていました。

f:id:kaz-sasaki:20170504231543j:image

35mの高さから流れ落ちる人工滝は、ミストが立ち込めて圧巻です。暑い屋外に比べると、ここは天国ですね。

f:id:kaz-sasaki:20170504230910j:image

もう一つの屋内植物園、フラワードームでは、5月7日まで企画展示の「チューリップマニア」が行われています。本場オランダから運んだという100種類のチューリップが、とても綺麗に咲いていました。

f:id:kaz-sasaki:20170504234440j:image

とりわけ人気だったのが、画家ゴッホの絵画とチューリップのコラボレーション。ゴッホは、オランダの画家でしたね。写真はゴッホ作品の「星月夜」をチューリップ等で作ったものです。

f:id:kaz-sasaki:20170504234239j:image

園内では、チューリップの他に薔薇の花なども綺麗に咲いていました。

f:id:kaz-sasaki:20170504231901j:image

自分の国になければ、人工のものを、それも大規模に造ってしまうシンガポールの構想力と実行力には脱帽です。それに屋外が暑過ぎるシンガポール、低温管理された植物園の見学は最高のおもてなしになりますね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#259(マレーシアン・フードストリート@セントーサ島)

日本は春爛漫のゴールデンウィークですね。こちらシンガポールでは、カレンダー通り通常の出勤です。でも仕事場は、日本との電話や出張者等の来客が少なく、いたって平穏な一日でした。

さて、今回の街歩きも、セントーサ島の続きです。

暑いなかパラワン・ビーチで歩き疲れたので、ランチがてら休憩することにしました。セントーサ島でよく立ち寄るのが、マレーシアン・フードストリート。マレーのローカル料理専門のフード・コートです。内装はレトロな屋台村を再現していて、なかなか雰囲気があります。

f:id:kaz-sasaki:20170503142556j:image

注文したのは、ペナン・カレー・ミーとチェンドルの二つ。

ペナン・カレー・ミーは、カレー味のスープ麺です。カレーとココナッツミルクが絡まって、甘辛さとコクが絶妙な味を醸し出しています。麺は、黄色の玉子麺と白のビーフンがミックスされたもの。いつもはラクサばかり食べていますが、このカレー風味も美味しかったです。

f:id:kaz-sasaki:20170503154422j:image

もう一つ頼んだのが、チェンドル。これは、かき氷に緑色のゼリーと小豆を載せ、ココナッツミルクとヤシ砂糖をかけたもの。マレーシアのペナンやマラッカで食べて病みつきになりました。暑い土地にとても合ったスィーツです。

f:id:kaz-sasaki:20170503155053j:image

マレー料理は甘辛が基本ですが、総じて穏やかな味付けなので日本人の舌にも合うようですね。このフードコートは、お勧めです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#258(アジア大陸最南端の地、セントーサ島)

昨日のシンガポールは、昼前にひと雨降りました。気温が高めなのか、いつもより暑さが堪える一日でした。

夕方、出迎えのためチャンギ空港へ。このところ、かなりの頻度で空港詣でを繰り返しています。それだけ来客や出張等が多いということで、当方にとっては何とも嬉しい(?)ことです。

さて、今回は、昨日アップしたセントーサ島のパラワン・ビーチの続きです。

パラワン・ビーチを歩いていると、少し離れた小島との間に吊り橋がかかっていました。写真で見ると、こんな感じです。

f:id:kaz-sasaki:20170502234435j:image

吊り橋の先の小島には、ツインの展望塔が建っています。なかなか面白そうな仕掛けなので、早速、吊り橋を渡ってみました。橋の入り口は、こんな様子です。なかなかワイルドな感じでした。

f:id:kaz-sasaki:20170502234738j:image

吊り橋を渡りきったところにあったのが、写真の掲示板。どうやら、ここは「アジア大陸最南端の地」らしい。

f:id:kaz-sasaki:20170502235012j:image

俄かには信じられなかったのですが、別の掲示板には地図があって、最南端であることを示してありました。

いよいよ、アジア大陸の最南端まで来たか、とわずかながらも感慨を覚えました。でも、まさかシンガポールにそんなポイント(地点)があったとは。これまで全く知らなかったですね。

小島にある展望塔からの眺めは、とても良かったです。

外洋には、抜けるような青空のもと、沢山の船が停泊していました。

f:id:kaz-sasaki:20170503000220j:image

反対側には、いま渡ってきた吊り橋が見えました。

f:id:kaz-sasaki:20170503000349j:image

この展望塔から見る景観は、とても素晴らしいものでした。「アジア大陸最南端の地」に足跡(あしあと)を残すのも、また愉快なことです。ここは、お勧めのスポットですね。

f:id:kaz-sasaki:20170503002304j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#257(海と空を見にセントーサ島まで)

昨日のシンガポールは、レイバーデー(労働節)の祝日でした。3連休の最終日は、朝からとても良い天気。少し気分を変えようと、セントーサ島に海を見に出かけました。

f:id:kaz-sasaki:20170501234639j:image

セントーサ島は本島から約600m沖合に浮かぶ、東西4km、南北1.5kmの島です。かねてからシンガポール政府の観光政策に基づき、一大リゾート地として整備されてきました。

本島とは道路(橋?)で繋がっていてクルマの他、モノレールやケーブルカー、それに徒歩でも渡れます。私がこの島に行くときは、だいたい、行きはボードウォークを歩き、帰りは無料のモノレールを利用しています。

向かったのは、島の南端にあるパラワン・ビーチ。本島のビジネス街からもさほど離れていませんが、こんな景観が広がっていました。

f:id:kaz-sasaki:20170502000754j:image

砂浜は、かなりの広さ。それに砂も綺麗です。当地では珍しい美しいビーチが広がっています。また、椰子の木もあったりで、南国の景観を堪能できました。

f:id:kaz-sasaki:20170502001051j:image

抜けるような青空のもとで、海も蒼色でした。シンガポールには本格的なビーチはないと聞いていましたが、ここは素晴らしいですね。

ビーチで遊ぶ人の数も、さほど多くもなくとても気持ちが良かったです。

f:id:kaz-sasaki:20170502001539j:image

ここなら、また来てみたくなりますね。

蒼い海と青い空、それに真っ白な雲を一人占めできます。

f:id:kaz-sasaki:20170502001710j:image

次に来るときは、泳ぐ用意をしてこようと思いました。とても開放感があって、気分転換できました。でも、本当に暑かった。

にほんブログ村 海外生活ブログへ