読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール(食関連)

llaollao(ラオラオ)(シンガポールNo.109)

いま話題のllaollao(ラオラオ)で、フローズン・ヨーグルト・アイスを食べて来ました。 スペインで2009年に第一号店がオープンしてから、瞬く間に世界中で人気となったとか。ここシンガポールには、10数店舗と比較的、沢山出店しています。 いろいろトッピ…

TANUKIでランチ(シンガポールNo.105)

今日は朝から雨模様。カミナリも鳴っています。 遠出を諦めて、近くにランチに出かけました。訪れたのは、TANUKIーRAWー(たぬき)。オーチャード・セントラルに入っています。14時過ぎでしたが、かなりの待ち行列が出来ていました。 漸く席に着いて注文した…

シンガポール・スリング(シンガポールNo.103)

日本から友人がやって来ました。 まちなかで食事をした後、友人が宿泊しているリッツ・カールトンのラウンジで歓談。折角なのでシンガポール・スリングを注文しました。 シンガポール・スリングは当地生まれの名カクテル。1915年にラッフルズホテルのロング…

九州パンケーキ(シンガポールNo.98)

いま話題の「九州パンケーキ」がシンガポールにも出店したと聞き、食べて来ました。 九州7県でとれる小麦・雑穀だけで作ったパンケーキ。 今回注文したのは、バターミルク。お代は、8.5シンガポールドルでした。 少しもっちりとした食感で、とても美味しかっ…

ビーンカルドタルト(シンガポールNo.94)

散歩の途中、たまたまLECafe(麗英)の前を通りました。 せっかくなので、ビーンカルドタルトを購入。売り切れの時が多く、久しぶりに入手出来ました。 ビーンカルドタルトは、エッグタルトと異なり、中身が豆乳ベースで出来ています。 さっぱりした味わいが…

Sacha & Sonsでランチ(シンガポールNo.92)

昨日行った久しぶりのゴルフで、かなり消耗しました。 このため今日は、家で休養です。 昼下がり、ランチに外出。自宅から歩いて行けるSacha & Sons (New York Delicatessen)で、ベーグルを食べました。 サーモンのマリネやチーズなどが乗ったベーグルは、ボ…

手拉手京華小館とテ・タリ・ショップ(シンガポールNo.85)

週末の土曜日。今日もシンガポールは猛烈な蒸し暑さです。 最近、体を動かしていないので、運動がてら近場を歩いてきました。 ランチは、手拉手京華小館(ハンド・イン・ハンド)で。ローカルの中華料理屋さんです。 幾つかの料理を頼みましたが、とりわけ焼き…

プラナカン料理、True Blue Cuisineその2(シンガポールNo.81)

プラナカン料理の人気店、True Blue Cuisineの続きです。 前回、紹介したアヤム・ブアクルアの他には、エビ料理などの小皿が幾つか出ました。 プラナカン料理は、残念ながら全く不案内で、すべて店の人にアレンジしてもらいました。 プラナカン料理の味付け…

プラナカン料理・True Blue Cuisine(シンガポールNo.80)

休暇で日本からやって来た長女の提案で、プラナカン料理(ニョニャ料理)を食べてきました。 訪れたのは、True Blue Cuisine。 プラナカン博物館のごく近くにあります。 プラナカンとはシンガポールやマレー半島などで繁栄した中国系マレーシア人のこと。男性…

シンガポールまち歩きNo.70(テ・タリ・ショップ)

天気の良い休日、アラブストリートまで散歩しました。 余りの暑さに、何か飲みたくなり立ち寄ったのが、テ・タリ・ショップ。 見逃しそうなほど小さい店先に、ひっきりなしに客が来ています。 写真は、持ち帰り用です。 金魚売りに使うようなナイロン袋に入…

シンガポールまち歩きNo.68(コウノトリ育むお米)

自宅の米がなくなったので、日系スーパーの明治屋まで買いに出かけました。 そこで、たまたま販促に来星していたJA但馬(兵庫県豊岡市)の担当者から勧められたのが「コウノトリ育むお米」。 以前に出版した地域ブランド本(『地域ブランドと魅力あるまちづくり…

シンガポールまち歩きNo.67(味香園のスノーアイスほか)

久しぶりにチャイナタウンまでウォーキング。 休日のチャイナタウンは、かなりの人出で賑わっていました。 昼食は、チャイナタウン・フード・ストリートでプラウン・ミー(蝦麺)を食べました。 シンガポールに来たばかりの頃、食べたきりで、本当に久しぶりで…

シンガポールまち歩きNo.63(デンプシー・ヒルその3)

デンプシー・ヒル(タングリン・ビレッジ)に行くと、よく立ち寄るのがchopsuey cafe(チャプスィ カフェ)です。 シンガポールの有名店、PS.Cafeの系列店ですね。 ここの食事は、ボリュームがあって、味も良いです。店のサービスにも、ホスピタリティが感じられ…

シンガポールまち歩きNo.57(カヤジャム)

このところシンガポールは雨が続いています。今日も明治屋まで買い物に出かけたら、帰りにスコールにやられました。 さて、今回もシンガポール土産のお話です。 シンガポールの朝食はカヤトーストが定番ですね。当地では、パンにカヤジャムとバターを挟んで…

シンガポールまち歩きNo.56(パイナップルタルトの続報)

久しぶりのブログ更新になりました。 今回は、パイナップルタルトについての続報です(既報:シンガポールまち歩きNo.44)。 シンガポールのお土産には、紅茶やカヤジャムなどいろいろあります。 でも個人的にお薦めなのがパイナップルタルト。なかでもLECafe…

シンガポールまち歩きNo.44(パイナップルタルト)

写真は、シンガポールにあるLECafe(麗英)のパイナップルタルトです。 LECafeは、創業50年を超える老舗のローカルスイーツ店ですね。地元の評価は高く、海外にもファンが多い人気店です。 その看板商品がパイナップルタルト。別名「ゴールドボール」と呼ば…

シンガポールまち歩きNo.43(ハイティー・ビュッフェ)

休日の昼下がり、久しぶりにアフタヌーンティーを体験してきました。 場所は、オーチャードに近いグッドウッド・パーク・ホテルです。 ここはシンガポールを代表するコロニアルホテルのひとつ。優雅で美しい佇まいです。 建物は1900年にドイツの社交クラブと…

シンガポールまち歩きNo.22(テッカセンター)

今日は日曜日。 ヘイズ(インドネシアの焼畑による煙害)が続き、遠出は難しそう。 そこで近場のホテルでハイティーを体験して来ました。英国が統治していたシンガポールでは、今もティー文化が健在です。ハイティーについては、またレポートしたいと思って…

シンガポールまち歩きNo.18(ベーカリー@バレスティア・ロード)

バレスティア・ロードの散歩も、いよいよお仕舞いです。 最後に訪ねたのが地元のベーカリーでした。 「新豐隆麵包廠」というベーカリーで、もの凄い数のパンが歩道まではみ出して置いてありました。どうやら、店の奥で焼いているようです。 ここは、創業50年…

シンガポールまち歩きNo.17(シュガーケイン・ジュース)

この日曜日の夕方、イスタナ(大統領官邸)の前を通りかかったら、衛兵交代式をやっていました。 衛兵交代式については既に、このブログ(シンガポールまち歩きNo.2)でも紹介しています。あれから、1ケ月。時間が経つのは早いですね。 さて、バレスティア・…

シンガポールまち歩きNo.11("Kki")

日本はシルバーウィークで連休真っ盛りですね。当地も日本人観光客が、いつもより多くなったようです。海外で日本人を見かけると、なんとなく嬉しくなりますね。 さて、まち歩きの続きです。 ドービー・ゴートのSOTAに入っているケーキ屋さんに出かけました…

シンガポールまち歩きNo.10(海鮮餃子)

ラグビーW杯イングランド大会で、日本が強豪・南アフリカを破りましたね。史上最大の番狂わせ、とまで言われています。昔からのラグビーファンとしては、本当に嬉しい限りです。 さて、まち歩きの続きです。シンガポールで餃子が美味い店として知られている…

シンガポールまち歩きNo.8(果物屋の店先)

今日からシンガポールでは、F1レースが始まりました。市街地の一般道を使ってのレースなので、レーシングカーの爆音が家の中まで聞こえてきます。 さて、まち歩きの続きです。 前回紹介したドリアンの他にも、特色あるフルーツが沢山あります。 写真は、リト…

シンガポールまち歩きNo.7(ドリアン)

近隣諸国から、いろいろなトロピカルフルーツが集まるシンガポールは、果物天国でもあります。 こちらに来て、よく見かけるのがドリアン。あの独特の臭いを持つ果物です。 写真は、チャイナタウンにある果物屋さん。ドリアンが山積みになっています。 地元の…

シンガポールまち歩きNo.5(アフタヌーンティー)

フラトンホテルで、初のアフタヌーンティーを体験して来ました。シンガポールは、かつて英国が統治していたので、今もティー文化が残されています。 写真のように軽食・菓子がティースタンドに載せられて提供されます。見た目も綺麗で、なかなか豪華です。ど…