観光研究者のまち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

北海道

十勝の土産はシナ(菩提樹)の純粋ハチミツ(北海道・十勝その9)

今回、北海道・十勝を訪れるにあたって、ぜひとも買いたい土産がありました。土産といっても自分用なのですが・・・。 それは国産純粋ハチミツです。 いま国内で流通しているハチミツの約94%は輸入されたものとか。国産の、しかも純粋ハチミツは、なかなか…

柏林に点在する美術館・中札内美術村(北海道・十勝その8)

北海道・十勝地方に出かけると、必ずといってよいほど訪れるのが中札内美術村です。 運営するのは六花亭。画家・坂本直行(坂本龍馬につながる家系とか)による草花の絵をモチーフにした包装紙で知られる、菓子業者ですね。 広い(145千㎡)柏の林のなかに美…

北海道ホテルとモール温泉など(北海道・十勝その7)

十勝・帯広に来るたびに宿泊しているのが「北海道ホテル」です。 自然に囲まれて、庭にはリスや小鳥が遊びに来る、そんな恵まれた環境に建っています。 もともとは、1899年に創業された「北海館」が前身で、1995年に「北海道ホテル」としてオープンしたそう…

地元の人たちに招かれたジンギスカン・パーティ(北海道・十勝その7)

前回の続きです。 帯広の中心街「北の屋台」の料理店で、たまたま地元のシニア男性4人組と同席しました。いろいろ話をしているうちに、翌日昼にジンギスカン・パーティをやるので一緒にどうぞ、とお招きを受けることになりました。 どうやら、十勝の観光や…

夜の賑わいの仕掛け・帯広「北の屋台」の魅力(北海道・十勝その6)

十勝・帯広を好きな理由の一つが、「北の屋台」の存在ですね。 私は帯広に出かけるたびに「北の屋台」を訪れては、何軒か ”はしご” するのを楽しみにしています。 「北の屋台」は、帯広の中心部にあって、元々は駐車場だった土地を活用して出来た常設の屋台…

自然満喫の「ピョウタンの滝」と「岩内仙峡」、とにかく広い「八千代牧場」(続き)(北海道・十勝その5)

前回の続きです。 「ピョウタンの滝」を満喫したあとは、「岩内仙峡」へと向かいました。 「岩内仙峡」(帯広市岩内町)は、日高山脈の山麓(日高幌尻岳)で、岩内川上流域の渓谷にあります。「ピョウタンの滝」からは、案外と近かったですね。 十勝地方では…

自然満喫の「ピョウタンの滝」と「岩内仙峡」、とにかく広い「八千代牧場」(北海道・十勝その4)

今回出かけたのは、お馴染みの十勝地方。そこで旅立つ前に、これまでまだ訪れたことがない名所や観光スポットを探してみました。 ネット検索してピックアップしたのが表題にある3ヶ所です。 そのいずれもが、さほど全国的な知名度はないものの、十勝地方で…

建て替えられた「幸福駅」の駅舎(北海道・十勝その3)

幸福駅(帯広市幸福町)は、旧国鉄広尾線(帯広~広尾間84.0㎞)にあった駅ですね。1987年に同線が廃止され、それとともに幸福駅も廃駅となりました。 この幸福駅が全国に知られるようになったのは、1973年に放映されたNHK「新日本紀行」の「幸福への旅~帯…

広い畑にポツンと佇む ”Cafe ある” (北海道・十勝その2)

北海道・十勝の大地は、途方もないほどの広さがあります。当地を訪れたある日の午後、レンタカーを駆って中札内周辺をあちこち巡っていました。 夕方近くになって、どこかで休憩したいと思いましたが、周辺は畑作地ばかり。本当に何もありません。人もクルマ…

ばんえい競馬 in 帯広(北海道・十勝その1)

初秋の北海道・十勝地方(帯広市など)を歩いてきました。十勝を訪れたのは本当に久しぶりです。 北海道で一番好きな場所はと問われれば、私なら躊躇なく十勝地方(帯広市など)と答えます。 ”十勝晴れ”と言われるほどの日照時間の多さ、広大で色とりどりの…

札幌まち歩き#6(円山公園&北海道神宮など)

今週は珍しく仕事が混んでいて、ブログ更新も久しぶりとなりました。 秋も次第に深まって、東京でも紅葉が見頃ですね。我が家のシンボルツリー、ヤマボウシもかなり色付いてきました。 さて、札幌まち歩きの続きです。 久しぶりに円山公園を歩いてきました。…

札幌まち歩き#5("すすきの交差点""テレビ塔"の夜景&ラーメン)

早くも三連休の2日目が終わりましたね。昨日も、特に何もせず休養に当てました。紅葉などを撮りに出かけたいのですが、体力、気力との相談でなかなか実行に至らずです。まあ歳も歳なので、気長にやろうと思っています。 さて、札幌まち歩きの続きです。 夜は…

札幌まち歩き#4(赤れんが庁舎&時計台)

昨日は三連休の初日。東京は穏やかな良い天気に恵まれました。 夕方、近くの八幡神社にお参りがてら、神田川沿いをウォーキングしました。川沿いの桜並木は、だいぶん葉が落ちて、秋が深まってきた感じです。今は一年で最も過ごしやすい良い季節ですね。 さ…

札幌まち歩き#3(地域再生のモデル"北菓楼")

昨夜から、プロ野球の日本シリーズが横浜スタジアムで再開されましたね。私は関西出身なので根っからの阪神タイガースファン。でも、ここは劣勢の横浜ベイスターズに何とか頑張って欲しいと思っています。 さて、札幌まち歩きの続きです。 家族に北海道へ出…

札幌まち歩き#2(北大キャンパスのクラーク像&古河記念講堂など)

昨日の東京は、台風一過で抜けるような青空でした。今年は雨が多いので、これからも晴天が続いてくれると嬉しいのですが・・・。 さて、北大キャンパス散策の続きです。 北大に来たからには、クラーク博士の像は見逃せません。 中央ローンと呼ばれる緑豊かな…

札幌まち歩き#1(北大キャンパスの銀杏並木&大野池&ポプラ並木)

所用があり札幌に出かけました。2年ほどシンガポールに赴任していたので、北海道を訪れるのは本当に久しぶりです。 10月中旬の札幌は、晴れて快適な気候でした。思っていたよりは寒くなかったです。 札幌に着いて、まず訪れたのが北海道大学。私はこの広々…

十勝(北海道)まち歩きNo.6(幸福駅)

幸福駅(帯広市)は、1987(昭和62)年に廃止された旧広尾線の駅です。1973(昭和48)年、NHK「新日本紀行」で「幸福への旅〜帯広〜」として放映され、一気に知名度が上がりました。現在も、縁起の良い名前や空港に近いこともあって観光スポットとして賑…

十勝(北海道)まち歩きNo.5(卵の自動販売機)

久しぶりのブログ更新です。このところ、講演や出版予定の観光本の下調べなどに時間を取られていました。 さて、十勝の続きです。写真は、卵の自動販売機。 「道の駅なかさつない」(中札内村)で撮ったものです。卵と一緒に、「おたまはん」(卵かけごはん…

十勝(北海道)まち歩きNo.4(豆資料館(ビーンズ邸))

冬場の十勝平野は、一面の雪景色です。雪は、さほど深くはないですが、屋外で見学できる施設は休業中のものが多い。そこで訪れたのが、豆資料館(ビーンズ邸)。農業の盛んな中札内村の「道の駅なかさつない」の敷地内にあります。 この資料館では、特産物の…

十勝(北海道)まち歩きNo.3(しかりべつ湖コタン「アイスバー」)

しかりべつ湖コタンの「氷上露天風呂」に入ったあとは、「アイスバー」で飲み物を頼みました。「アイスバー」は、コタンへの入口にある氷で出来た建造物のなかにあります。かなり大きくて頑丈そうな建造物で、二階からの眺めもなかなかでした。 氷のブロック…

十勝(北海道)まち歩きNo.2(しかりべつ湖コタン「氷上露天風呂」)

「しかりべつ湖コタン」で一番の名物は、何といっても「氷上露天風呂」です。完全結氷した然別湖の湖上(氷上)に、雪と氷で露天風呂を設営しています。 (浴槽は氷ではありません。念のため)「氷上露天風呂」は、世界でもここしかないものとか。 話題性は…

十勝(北海道)まち歩きNo.1(しかりべつ湖コタン)

十勝・帯広で講演した翌日(3月8日)は、然別湖(鹿追町)を訪れました。「しかりべつ湖コタン」が開催中(1月26日〜3月31日)で、一度見学したかったからです。 このイベントは、完全結氷した然別湖の湖上に、雪と氷の建物「イグルー」を作り、村と…

十勝地方見て歩きNo.16(まとめ)

昨夜、兵庫の実家から東京に戻ってきました。三連休の最終日で、新幹線は満員の盛況。 3.11震災後の旅行や消費手控えも、少し緩んできたようです。最寄りのJR姫路駅(兵庫県)周辺では、11月12、13日に行われる「B級グルメの祭典・B-1グランプリin姫路」の…

十勝地方見て歩きNo.15(中札内美術村その4)

今朝も兵庫の生家で目覚めました。今日も抜けるような青空で「天高く・・・」の秋が実感されます。秋祭りの太鼓の音が、風に乗って微かに聞こえてきます。昔は余り好きではなかった田舎の暮らしが、歳を経て自分に合っているように感じてきました。 不思議な…

十勝地方見て歩きNo.14(レストラン・ポロシリ、中札内美術村その3)

昨日の夜から兵庫の実家に帰省しています。今朝の関西は、抜けるような青空。 とても良い天気で、一年で最も過ごしやすいシーズンを迎えています。田舎は、今日・明日と秋祭りです。 こちらのお祭りは、大きな屋台がでて練り歩くという威勢のよいもの。祭り…

十勝地方見て歩きNo.13(小泉淳作美術館・中札内美術村)

十勝にある中札内美術村は、柏の木立ちのなか、点在する美術館を木道でつないでいます。木道のそばには彫刻などが置かれ、森林浴をしながら散策ができます。 今回、ここを訪れたのは小泉淳作美術館を見るため。 小泉淳作は、京都・建仁寺(双龍図)、鎌倉・…

十勝地方見て歩きNo.12(中札内美術村・中札内村)

帯広からクルマで40分ほどのところに中札内美術村があります。ここは鬱蒼とした柏の森に、幾つかの美術館やレストラン、売店などが点在しています。美術館は、洋画家の「相原求一郎美術館」、日本画家の「小泉淳作美術館」、彫刻家・坂東優の「夢想館」など…

十勝地方見て歩きNo.11(おびひろ極上水・帯広市)

10月に入って、涼しくなってきました。 秋も、いよいよ本番ですね。先週は、2件の講演依頼がありました。どちらも大学から。 一つは、富山県の大学の特別講義で、久しぶりに初冬の立山が見られそう。もう一つは、神奈川県の大学で「大山詣で」を昔のような…

十勝地方見て歩きNo.10(とかちマルシェ)

久し振りのブログ更新です。今日で9月も終わり。 これから次第に秋も深まっていきますね。昨日、特別市民になっている綾部市(京都府)から新米が届きました。今年の作柄はどうだったのでしょうか。綾部の米はとても美味しいので、食べるのが楽しみです。 …

十勝地方見て歩きNo.9(北海道ホテル・帯広市)

三連休の最終日は、薄曇りの東京です。昨日は仕事で職場に出かけていました。 折角の休日ですが、相変わらず貧乏暇なし状態が続いています。今日は、近くの八幡神社のお祭り。 後ほど、散歩がてら出かけようと思っています。 さて、十勝地方見て歩きの続きで…