まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

富山県

正月休み&昨年末に訪れた富山

正月の三が日も今日で終わり。昨日、今日と家に籠もって箱根駅伝を見ていました。昔はラグビーを見るのが楽しみでしたが、近年はもっぱら箱根駅伝です。人気もすごい。箱根駅伝と大学のブランディングについて考えてみるのも面白いですね。 さて写真は、昨年…

高岡・富山まち歩きNo.15(鱒寿司)

富山県霜月も今日が晦日。 街なかは、クリスマスのイルミネーションや飾り付けで華やかになってきました。 さて、高岡・富山まち歩きも今回でお仕舞いです。富山に行ったのは、富山国際大学(写真参照)で観光政策論の講義をするためでした。 今回は、思いも…

高岡・富山まち歩きNo.14(富山城など)

今朝も東京はよく晴れました。この土日は、どこにも出かけず家で休養です。本を読んだり、片づけをしたり、次に書く本の企画を考えたりしています。 さて、富山の続きです。夜になって、食事がてら富山市内を散歩しました。写真は、市内中心部にある城址公園…

高岡・富山まち歩きNo.13(JR富山駅前・二景)

このところ東京も寒くなってきました。もうすぐ師走。 何かと気ぜわしい季節の到来です。 さて、高岡を後にしてJR富山駅へと戻ってきました。JR富山駅は、今、北陸新幹線への対応で改造工事中。その駅前を歩いていて、見かけたのがレンタサイクル(写真の通…

高岡・富山まち歩きNo.12(瑞龍寺その3)

今日は祭日で、久しぶりに一日、家にいました。我が家のシンボルツリー「ヤマボウシ」が随分と色づいてきました。この木は、山に行けば自然に生えている雑木ですが、新緑、花、実、紅葉と年に何度も楽しませてくれます。居間から、この木を眺めていると、世…

高岡・富山まち歩きNo.11(瑞龍寺その2)

高岡(富山県)は、瑞龍寺の続きです。前回のブログで紹介した山門(国宝)を潜った先にあるのが、仏殿(国宝)です。 1659年の建築で、入母屋造り、一重裳階(もこし)付きの総欅造り。伽藍の真ん中にあって見るからに、どっしりと落ち着いた佇まいです。屋…

高岡・富山まち歩きNo.10(瑞龍寺)

高岡(富山県)を訪れる際、必ずと言っていいほど勧められるのが瑞龍寺への参拝(&見学)です。高岡山瑞龍寺は、加賀藩二代藩主・前田利長の菩提寺。曹洞宗(禅宗)の名刹ですね。創建は1614年で、三代藩主・前田利常の建立になります。近世禅宗様建築の代…

高岡・富山まち歩きNo.9(高岡大仏)

今朝の東京は、かなりの冷え込みでした。 霜月も半ばを過ぎ、次第に秋の深まりを感じますね。 さて、高岡(富山県)まち歩きの続きです。高岡市内の大佛寺に大仏が鎮座していると聞き、立ち寄ってみました。 銅造の阿弥陀如来坐像で、1933年に完成したものと…

高岡・富山まち歩きNo.8(高岡・山町筋の町並み、菅野家住宅ほか)

今日は、産業能率大学(神奈川県伊勢原市)で行われたフォーラム「大山魅力再発見」に参加。 観光ブランド化への考え方やアプローチなどについて講演してきました。江戸期には「大山詣で」(大山阿夫利神社、大山寺)で栄えただけあって、歴史・文化遺産の面…

高岡・富山まち歩きNo.7(高岡・山町筋の町並み、富山銀行本店)

久しぶりのブログ更新です。この1週間は、あちこち出かけたり、講演等の準備でバタバタしていました。今日と明日の2日間、兵庫県姫路市で「B級グルメの祭典・B-1グランプリ」が開催されますね。故郷の隣町での開催なので、是非とも取材に行きたかったのです…

高岡・富山まち歩きNo.6(高岡・山町筋の歴史的町並み)

今回、高岡を訪れて見学したかったのが、2か所の歴史的町並みです。一つは既にレポートした金屋町で、二つ目が今回紹介する山町筋です。写真は、その町並みを撮ったもの。 ここは、平成12年に「山町筋重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。写…

高岡・富山まち歩きNo.5(万葉線・高岡軌道線)

久しぶりのブログ更新となりました。酒専門誌へ寄稿する産地ブランドの原稿書きや、来週の北海道帯広市での講演準備、神奈川県の大学での講義の準備など、このところ時間に追われて余裕のない生活を送っています。取材したかった横浜トリエンナーレ2011やB級…

高岡・富山まち歩きNo.4(高岡市金屋町付近の二景)

高岡(富山県)の名前は、慶長14(1609)年、加賀藩二代藩主・前田利長が高岡城を築いた際、詩経(鳳凰鳴けり彼の高き岡に)から取ったもの。高岡鋳物発祥の地、金屋町の近くを流れる千保川には「鳳鳴橋」が架かっています。写真は、その中央にある鳳鳴像…

高岡・富山まち歩きNo.3(高岡市金屋町・キューポラと煙突)

高岡市(富山県)金屋町は、約400年続いた鋳物町です。 現在では銅器の全国シェアが約90%を占め、鉄器、アルミ製品(サッシ等)なども全国的に知られています。特に「高岡銅器」は、地域団体商標にも登録される地域ブランドですね。下の写真は、旧南部鋳造所…

高岡・富山まち歩きNo.2(高岡市金屋町・千本格子の町並み)

高岡市(富山県)には、昔から金物、仏具、漆器の職人が多く住んでいます。なかでも鋳物産業は、高岡の基幹産業として栄えてきました。その起こりは、加賀藩二代藩主・前田利長が高岡の町を開いた際、近隣の7人の鋳物師を千保川の辺に招き産業化を図ったこ…

高岡・富山まち歩きNo.1(JR高岡駅周辺)

今週初め、富山の大学に「観光政策論」の講義に行ってきました。富山には、これまで何度も講義やまち歩きなどで訪れています。今回は、夕方に富山入りし、翌日の朝から久し振りに高岡市を歩いてきました。高岡市は、富山県第二の都市で、人口は18万人。ア…