読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

庄内地方見て歩きNo.3(羽黒山五重塔と爺杉)

羽黒山(山形・鶴岡市)の参道「一の坂」の上り口にあるのが羽黒山五重塔です。


高さ29mの三間五層柿葺木造で、国宝に指定されているもの。

現在の塔は、約600年前に再建され、東北では最も古いと言われています。

また、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは二つ星を獲得しています。

杉林のなかに、突然現れるその姿は、圧倒的な存在感があります。

しかも均整が取れた姿は、美しいですね。

明治の神仏分離羽黒山は神社となり、山内の寺院や僧坊は取り壊されましたが、この五重塔だけが何故か残されました。

昔は、塔の周辺に多くの建造物があったとか。 今では、かつての面影を五重塔で偲ぶしかありません。

下の写真は、爺杉から五重塔を撮ったもの。


爺杉は、周囲10m、樹齢1000年の老杉で、国の天然記念物に指定されています。

このあたりの景観は、とても素晴らしく一見の価値があります。

私も五重塔を見上げながら、しばらく動けず見とれていました。

                                (庄内地方見て歩き、続く)