読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

庄内地方見て歩きNo.4(庄内おばこ)

山形県

今日の東京は、終日、雨模様。 

家に籠って読んでいたのが、佐伯泰英『居眠り磐音・江戸双紙』第5巻。

このシリーズは、読みだすと止まらなくなるのが難点。 それほどに面白い時代小説です。


さて、羽黒山の続きです。

羽黒山五重塔付近で「庄内おばこ」の格好をしたバスガイドさんに遭遇しました。


地元のバス会社が運行する「庄内おばこ号」で観光客を引率するガイドさんですね。

なかなか素敵で目立っています。

「おばこ」は、若い女性の意味ですが、「庄内おばこ」は山形庄内地方の民謡(農家の縄ない歌)でもあります。

  「おばこ来るかやと 田圃(たんぼ)のはんづれまで出て見たば おばこ来もせで 用のない煙草売りなど ふれて来る」

というのが、歌詞の一番です(うろ覚えなので、間違っているかもしれません)。

山形の方言は、とても柔らかな感じがあって、いいですね。 

下の写真は、再び羽黒山杉並木です。 さすがにミシュランの三つ星になるだけの魅力があります。

                            (庄内地方見て歩き、続く)