まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

バンコクまち歩きNo.3(ジム・トンプソンの家)

帰りのフライトまでの、わずかな時間を利用して、以前から見学したかった「ジム・トンプソンの家」を訪れました。

タイシルクを復興しシルク王と呼ばれたジム・トンプソンが、1959年から67年までの8年間暮らした家です。
f:id:kaz-sasaki:20151207234911j:image
 
ジム・トンプソンは1967年に、避暑に出かけたマレーシアのキャメロンハイランドで謎の失踪を遂げました。
そして現在、この家は博物館として公開されています。
家は、チーク材で出来たタイ伝統様式の古い建物を6軒集めて、組み直して造ったもの。
タイの高温多湿な気候を考慮して風通しの良い高床式になっています。
腐食止めに朱色のベンガラが塗られ、釘は一切使われていない構造とか。
この伝統的な様式で復元された建物は、確かに一見の価値があります。もともと建築家であったジム・トンプソンの面目躍如といったところでしょうか。
 
建物に加えて、南国の植物を植え込んだ庭園も素晴らしいです。
f:id:kaz-sasaki:20151208002044j:image
 
この敷地内では、バンコクの街の喧騒が嘘のような静謐な時間が流れていました。
(ジム・トンプソンの家、次回に続く)
 

 ←ランキングに参加しています。
にほんブログ村