読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

ホイアンまち歩き#2(火炎樹の似合うまち)

ホイアンでは、5月頃から火炎樹(鳳凰木、ホアフォン)の花が咲き始めます。

原産地はアフリカで、フランス統治時代に持ち込まれて各地に植えられたものとか。

f:id:kaz-sasaki:20160717124401j:image

ベトナムの学校では卒業式や終業式が6月。このため、別れの花とも言われています。

当地の人たちにとっては、日本の桜のように特別な花なのでしょう。

街路樹に沢山使われていて、花の赤色は黄色が多い建物とマッチして、素敵な景観を生み出しています。

f:id:kaz-sasaki:20160717124707j:image

この景観を見ただけで、この町がいっぺんに好きになりました。

なお、この火炎樹(鳳凰木)は、アフリカン・チューリップ・ツリーやジャカランダとともに、熱帯三大花木と言われています。