読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#207(ホテル フォート・カニングでランチ)

シンガポール シンガポール(食関連)

シンガポールは、今日まで旧正月のお休みです。そこで、散歩がてらホテル フォート・カニングに出かけてランチを食べてきました。

ホテル フォート・カニングは、1926年築の美しいコロニアル様式の建物です。

第二次大戦中は旧英国軍司令本部として使われたそう。この建物を改装し、2010年にホテルとして開業しました。

f:id:kaz-sasaki:20170130191616j:image

外観はもとより、内装もなかなかお洒落で落ち着いた空間となっています。

f:id:kaz-sasaki:20170130192129j:image

このホテルには、ローカルフードを売りにしているレストラン"グラスハウス"があります。今回注文したのは"シンガポール・ラクサ"(16s$)。当地に赴任してからラクサが好きになり、週に一度は食べています。出てきたラクサは、上品な盛り付けながら、味は濃厚で本格的でした。とても美味しかったです。

f:id:kaz-sasaki:20170130193617j:image

デザートには、チェンドル(8s$)を頼みました。出てきたのは、見慣れたチェンドルとはかなり違う外観です。量も多かったですね。でも、カキ氷の下に寒天や豆などが隠れていて、このチェンドル、なかなかの味でした。

f:id:kaz-sasaki:20170130194009j:image

ローカルフードが美味しいこのレストラン、お薦めですね。

ホテルの裏手にはフォート・カニング公園が広がっています。ホテルの正面玄関近くには、地下に造られた旧英国軍司令本部バトル・ボックスの入り口がありました。

f:id:kaz-sasaki:20170130194328j:image

見学ツアーがあるようなので、一度は内部を見学してみたいと思います。

ところで、雨上がりの夕方、マリーナ方面に大きくて綺麗な虹が架かっていました。春節も明けたことだし、今年も良い年にしたいと思います。

f:id:kaz-sasaki:20170130195846j:image