まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#248(斬新なデザイン"ラサール芸術大学")

今日の雷雨は凄かったですね。丁度ラオパサでランチを食べていましたが、降り出した豪雨で、暫し足止めを喰らいました。雷とスコールは当地の名物。2年間の駐在で、これがないとシンガポールらしさがないなと思えるようになりました。

さて、シンガポール街歩きの続きです。

シンガポールには特徴あるデザインの建築物が沢山あります。先日、その代表的な建物の一つとされる"ラサール芸術大学(LASALLE College of the Arts)"を見学して来ました。場所は、ドービー・ゴートからリトル・インディアに向かう途中にあります。

f:id:kaz-sasaki:20170418222900j:image

まるで未来都市のような斬新なデザインですね。それぞれ7階建ての6棟の建物の上部は屋根のようにテントが張られています。

f:id:kaz-sasaki:20170418223810j:image

切子面のガラス窓は、黒縁のパネルで区切られています。そして、それらのガラス窓は、様々な角度に傾斜する設計です。なかなか手が込んだデザインですね。

中庭では、近所の親子が遊んでいました。

f:id:kaz-sasaki:20170418224227j:image

さすがに芸術大学の校舎です。学び舎がこうした斬新な設計だと、学生の創造性や芸術性が涵養・発揮されるように思いますね。

f:id:kaz-sasaki:20170418224638j:image

訪れたのが土曜日だったせいか、学生の姿は案外と少なかったです。一方、カメラを携えて、建物の写真を撮っている人が結構いました。

なお、この建物の設計は、シンガポールを拠点とする"RSPアーキテクツ"です。

次の写真は、大学のすぐ近くにある学生宿舎です。壁面にアルファベットが描いてあって、これもなかなか洒落たデザインでした。

大学のキャンパス内には誰でも入れるので、機会があれば見学をお勧めします。

f:id:kaz-sasaki:20170418225329j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ