まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#249(リトル・インディアの歴史的建造物と三毛猫)

美味しいマンゴーが食べたくなって、リトルインディアまで買いに出かけました。本場インド産のアルフォンソ・マンゴーで、昨年食べて余りの美味しさに病みつきとなりました。近くのスーパーなどでは売っていないので、食べたくなると、わざわざリトル・インディアまで買いに出かけています。

マンゴーを無事にゲットしたあと、ケルバウ・ロード(リトル・インディア)を歩いていて撮ったのが次の写真です。

f:id:kaz-sasaki:20170419234753j:image

カラフルに彩色されていて、とても目立つ建物ですね。調べてみると「タン・テンニア氏の邸宅跡」でした。菓子製造で富を築いたタン氏が、1900年に建造した邸宅だそう。このエリアに残る最古の華人屋敷の一つと言われています。中国南部と欧州の建築様式がミックスされた貴重な歴史的建造物ですね。それにしても、リトル・インディアのど真ん中に、昔の華人屋敷が、こんなにカラフルに彩色されて残されているのは何とも不思議でした。果たして、昔からこんな色をしていたのか、よく分かりませんね。

この邸宅跡近くの門柱の上で猫が寝ていました。

f:id:kaz-sasaki:20170420000418j:image

見ると三毛猫です。三毛猫は、白・茶・黒の3色で短毛の日本猫のこと。日本ではごく一般的な猫(但しオスは稀少)ですが、海外では珍種とされていて余り見かけません。キャリコとかトリコロールとか呼ばれていますね。

この三毛猫、日本から持ち込まれたものでしょうか。シンガポールのリトル・インディアで見かけるとは思いもかけませんでした。それにしても、この猫、気持ち良さそうに爆睡していました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ