まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#271(センバワン温泉で足湯)

久しぶりのブログ更新となりました。

5月半ばに日本へ一時帰国のあと、風邪で寝込んだり、バリ島(インドネシア)やプノンペンカンボジア)などに出かけたりと、余裕のない生活を送っていました。

今回は、職場の仲間とセンバワン温泉の足湯でホッコリしてきたので、その報告です。

シンガポールにも天然温泉があると聞いていましたが、これまでなかなか出かけるチャンスがありませんでした。

ある日の終業後、職場の仲間が噂のセンバワン温泉(Sembawang Hot Spring)に出かけると聞き、これ幸いと同行しました。用意したのは足拭き用のタオル一本です。

この温泉は、毎夕19時に閉鎖されるとかで、終業後、脱兎の如く飛び出しタクシーで現地へと向かいました。場所は「センバワン空軍基地」に隣接しています。最寄り駅は、MRT南北線のイーシュン駅となりますが、そこからはかなり歩くようです。

タクシーの運転手は場所もよく分かっていて、温泉の入り口付近まで連れていってくれました。

車から降りると、こんな一本道を歩きます。自転車に乗ったローカルの人たちは、ここに温泉水を汲みに来るようです。日本でもよく見かける風景ですね。

f:id:kaz-sasaki:20170603230421j:image

暫く歩くと現れたのが、こんな風景でした。余り温泉らしからぬ風景です。

f:id:kaz-sasaki:20170603230854j:image

蛇口が離れて3ヶ所あります。それぞれ湯温が異なっていました。触るとかなりの熱さで、しかもドンドン湧き出ています。

f:id:kaz-sasaki:20170603231419j:image

我々の他はローカルの人ばかりで、平日の夕方でしたが、そこそこの賑わいでした。湯を汲んで持ち帰ったり、その場で足湯にしたり。上半身裸になってお湯を被っている人もいました。

f:id:kaz-sasaki:20170603231823j:image

f:id:kaz-sasaki:20170603231857j:image

我々も周辺にあるバケツを借りて、お湯を入れ、適温にしてから足湯にしました。湯温は70度ほどもあるらしく、薄める水もないため、なかなか適温にならなかったですね。

足湯は、こんな感じです。

f:id:kaz-sasaki:20170603232235j:image

暫く足湯をしていると、全身がホカホカしてきました。硫黄の臭いもして、暫し本格的な温泉気分に浸れました。

このセンバワン温泉は、1909年にパイナップル畑のなかから発見されたものとか。日本が統治していた戦時中は、日本軍の温泉施設もあったそう。

この天然温泉、行くまでの足の便が大変ですが、確かにお勧めです。

f:id:kaz-sasaki:20170603232546j:image