まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#277(ウビン島でサイクリング)

ウビン島に出かけました。この島は、シンガポールに赴任した頃から行きたいと思っていたところです。2年経ってようやく、それが実現することに。

ウビン島は、シンガポール東部のジョホール海峡に浮かぶ有人島(人口100人ほど)です。開発されずに残された自然に触れることが出来る、シンガポールでも貴重な島となっています。

場所は、チャンギ・ビレッジの近くにあるチャンギ・ポイント・フェリーターミナルから、船で10分ほどの距離にあります。小型船で、12人の乗客が集まり次第、出航するという面白いシステムをとっています。料金は@3s$でした。

写真は、ウビン島の船発着場です。

f:id:kaz-sasaki:20170619011504j:image

船の発着場の近くには、貸し自転車屋や食堂が固まって立地しています。日曜日のせいか、かなりの賑わいでした。

f:id:kaz-sasaki:20170619011623j:image

ここで自転車を借りて、およそ3km離れたチェク・ジャワを目指しました。自転車のレンタル料金は一日10s$でした。

道は、アップダウンや舗装されていないところもあって結構、苦労したり楽しめました。

チェク・ジャワには、マングローブ林や海中生物などを観察出来るボードウォークが設置されています。

海上に造られたボードウォークでは、海の上を歩いているような気分になり快適でした。

f:id:kaz-sasaki:20170619012830j:image

チャンギ空港に近いので、頻繁に発着する飛行機も見ることが出来ます。

f:id:kaz-sasaki:20170619013015j:image

森のなかの木道は、こんな感じで続いています。途中には展望タワーがあって、樹冠を観察出来ました。

f:id:kaz-sasaki:20170619013846j:image

チェク・ジャワのビジターセンターは、1930年代に建てられたチューダー様式の建物を改修して使っています。この建物は、とても素敵で魅力的でした。

f:id:kaz-sasaki:20170619013232j:image

サイクリング・コースの途中には、綺麗な水を湛えた湖があります。これは、石切場の跡に出来たものとか。エメラルドグリーンの、とても綺麗な色をした湖でした。

f:id:kaz-sasaki:20170619013526j:image

久しぶりに自転車に乗って、やや疲れました。でも、手づかずの自然と触れ合うことが出来て、大いに癒されたのも事実です。

また、島の往復に利用する小型船も非日常感があって、とても良かったです。

ウビン島、是非訪れられることをお勧めします。日頃の忙しさやストレスを忘れて、かなり楽しめますよ。