観光研究者のまち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

ブリスベンまち歩き#2(クィーン・ストリート・モール)

ブリスベンの街は、結構歩きやすかったです。街なかは綺麗だし、ローカルの人たちは皆、人懐っこくて親切でした。住みやすそうで、なかなか良い街という印象です。

この街の中心部シティーでは、他の街と少し異なったことがあります。それは、通りの名前の付け方。街の南北に走る通りは女性名、東西に走る通りには男性名が付いています。

例えば、女性名の通りはマーガレット、メアリー、エリザベス、クィーンなど。

シティーで最も賑やかな通りが、クィーン・ストリート・モールです。写真で見ると、こんな感じですね。

f:id:kaz-sasaki:20171113231905j:image

ショッピングモールや専門店、レストラン、コーヒーショップなどが軒を連ねて、高級感ある街並みを形成しています。

下の写真は、モールの中心部ですね。なかなか、お洒落な空間になっています。

f:id:kaz-sasaki:20171113232308j:image

モールの両側には、歴史を刻んだ建物が建っていました。建物を見て歩くだけでも面白いです。

f:id:kaz-sasaki:20171113232523j:image

クィーン・ストリート・モールの端に建っているのが、トレジャリー・カジノ。オーストラリアで最も格調の高いカジノと言われています。

f:id:kaz-sasaki:20171113233039j:image

この建物は、旧大蔵省の建物をリノベイトしたものとか。なかなかに重厚な雰囲気を醸し出しています。

下の写真は、カジノの近くジョージ・ストリートにあった標識です。黄色地で、とてもお洒落な感じの標識でした。何ヶ国語かで書かれていますが、日本語でも書かれていたので嬉しかったです。

f:id:kaz-sasaki:20171113233215j:image

今回の最後の写真は、鳥です。名前は分かりませんが、モールのなかを何羽もが闊歩していました。餌があるからでしょうか。人と鳥の共生ですね。街なかでも、随所にオーストラリアらしさが見られて良かったです。

f:id:kaz-sasaki:20171113233911j:image

ブリスベンまち歩き、続く)