読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

シンガポール街歩き#187(マクリッチ貯水池でウォーキングその4)

ツリートップ・ウォーク(吊り橋)からの帰りは、貯水池を一周するつもりでした。でも、途中でトレイルが閉鎖されていて、仕方なく元来た道を戻ることに。 途中から貯水池の側に造られた木道を歩いてみました。猿が結構出てきます。 この木道からは、貯水池…

シンガポール街歩き#186(マクリッチ貯水池でウォーキングその3)

かなり歩いて漸くツリートップ・ウォーク(吊り橋)が見えてきました。直前の道はアップダウンの連続。結構疲れました。 入り口に小屋があって係の人がチェックしています。一方通行で、大人数が一度に入ると危険だということでしょうか。橋を渡るのは無料で…

シンガポール街歩き#185(マクリッチ貯水池でウォーキングその2)

マクリッチ貯水池の周りは、かなり長いネイチャートレイルとなっています。 今回目指すのは、ツリートップ・ウォーク(吊り橋)です。 トレイルの入り口からツリートップ・ウォークまで5km強の距離。往復すると10kmを超えるので、2時間以上のウォーキングと…

シンガポール街歩き#184(マクリッチ貯水池でウォーキング)

シンガポールのほぼ真ん中に広がる自然保護区には、4つの貯水池があります。そのなかの一つ、マクリッチ貯水池にあるネイチャートレイルを歩いてきました。 マクリッチ貯水池は、1867年に慈善家タン・キム・センの寄付金によって建設されました。水不足のシ…

シンガポール街歩き#183(ベイエリア遠景・黄昏時)

映画「君の名は。」のなかで、「誰そ彼」が一つの重要なキーワードとなっていますね。「誰そ彼」とは、夕方、昼でも夜でもない時間帯のこと。人の見分けがつきにくい日没後の薄明帯を、そう呼びます。「黄昏時」の語源だとか。 シンガポールに来てから、夜景…

シンガポール街歩き#182(クリスマスカードの季節)

最近、毎日のように手元に届くのがクリスマスカード。もう、今週末がクリスマスですね。頂いたカードは、色彩が鮮やかで綺麗なデザインが多く、部屋に飾って楽しんでいます。とりわけ、マーライオンやベイサンズ等が描かれたカードは、シンガポールならでは…

シンガポール街歩き#181(NUSババ・ハウス)

ニール・ロードにあるNUSババ・ハウスを見学しました。 この建物は、1860年頃から元海運王のウィー・ビンの邸宅だったところ。その後シンガポール国立大学(NUS)が買い取り、2年かけて修復、2008年から一般公開しています。今ではシンガポールに数軒残る伝…

シンガポール街歩き#180(ボタニックガーデン)

今日は日曜日。朝はのんびりと起きました。まずまずの天気だったので、昼食を兼ねてクラークキーのリャンコートまでウォーキング。それにしても暑い毎日です。 写真は、少し前にボタニックガーデンで撮ったものです。 ボタニックガーデンが好きで、少し前ま…

シンガポール街歩き#179(BASILでランチ)

今日は天気も気分もいまひとつ。せっかくの土曜日ですが、家でのんびりと過ごしました。 シンガポールは常夏で季節感がないせいか、時間が淡々と過ぎていく感じです。気がつけば、今年もあとわずか。何とか、時間をもっと有効に使いたいと思っています。 今…

シンガポール街歩き#178(麗英のパイナップルタルト)

先日、日本に一時帰国した際買って帰ったのが、LECafe(麗英)のパイナップルタルト。 シンガポール土産には紅茶などいろいろありますが、私はたまにこのパイナップルタルトを買って帰ります。 LECafe(麗英)は、創業50年を超える老舗のローカルスイーツ店…

シンガポール街歩き#177(今朝のマーライオン)

シンガポールの天気は薄曇り。青空も少しのぞいています。雨季のせいか、快晴とまではいきませんね。 今朝、久しぶりにマーライオンの近くまで行ったので写真を撮ってきました。今日も元気に水を吐いていました。 マーライオンが見える桟橋には、観光客が鈴…

シンガポール街歩き#176(シンガポール・シティ・ギャラリー)

シンガポール・シティ・ギャラリーを訪れました。場所は、中華街にあるマックスウェル・フードセンターの隣、URAセンターのなかにあります。 このギャラリーでは、シンガポールの都市計画(都市開発)の変遷が沢山の資料で展示されています。ここを見ると、…

シンガポール街歩き#175(ストリート・ピアノ)

先週末、オーチャード通りを歩いていると、街角のピアノを演奏している人を見かけました。この女性(お母さんですかね)、なかなかの腕前で人だかりが出来ていました。 シンガポールの街歩きで気付いたのが、街角にピアノが置いてあって自由に弾けること。街…

シンガポール街歩き#174(徳記東陵飽の中華饅頭)

仕事帰り、急に豚まん(肉まん)が食べたくなりました。 取りあえずMRTサマセット駅を降りて、さてどうするか考えていると、キリニー・ロードに中華饅頭屋があるのを思い出しました。1948年創業の"徳記東陵飽"です。 これだ、と思って店に駆け込んだものの…

シンガポール街歩き#173(シンガポール川沿いの夜景)

仕事帰り、たまに運動がてらシンガポール川沿いを歩いて帰宅することがあります。 川沿いには歴史的建造物や高層ビル、ショップハウスを改造した飲食店など、いろいろな建物があります。これらの夜景を見ながら歩くのも、なかなか楽しいものです。 写真は、U…

シンガポール街歩き#172(プラナカン料理・True Blue Cuisine 再訪その2)

プラナカン料理店・True Blue Cuisine の続きです。 料理は、前回紹介したもののほか次の2品を注文しました。 写真はサンバル・プロウン。エビを独特のチリソースで炒めたものです。 大ぶりのエビで、それほど辛くもなくて美味しかったです。プラナカン料理…

シンガポール街歩き#171(プラナカン料理・True Blue Cuisine 再訪その1)

日本からの客人のおもてなしで、プラナカン料理店・True Blue Cuisine に出かけました。個人的には2度目の訪問です。 場所は、プラナカン博物館のすぐ近くにあります。 店は、古いショップハウス形式の建物を活かした造りで、歴史を感じさせます。 内部の装…

シンガポール街歩き#170(マリーナ・バラージまでウォーキング)

マリーナ・バラージまでウォーキングして、海を眺めてきました。 ここはマリーナ・ベイと外洋をつなぐ水路で、堰が設けられています。堰堤の長さは350m。9つの水門があって排水量を調節しています。 場所は、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの海側突端にあります…

シンガポール街歩き#169(チャンギ空港のクリスマス飾り)

週初めのシンガポールは曇り空。雨季のせいか、スッキリしない天気が続いています。 先日、日本からの来客を見送りにチャンギ空港まで出かけました。 いつもながら感じるのが、この空港の使いやすさと居心地の良さ。ヒトやモノの交流を、いかに効率良く快適…

シンガポール街歩き#168(カベナ橋とフラトンホテルの夜景)

仕事帰り、シンガポール川沿いを歩いて帰宅しました。 写真は、カベナ橋とフラトンホテルのある界隈。ライトアップされた夜景がとても綺麗でした。 カベナ橋は、1868年に建造された歩行者専用の吊り橋です。シンガポール川に架かる橋のなかで最古のものとか…

シンガポール街歩き#167(ベイエリア遠景・午前8時)

週明けの月曜日。写真は、今朝のベイエリア方面を撮ったものです。 いつもははっきりと見える高層のオフィス街やマリーナ・ベイ・サンズが、今朝はかなり霞んでいます。 天気が悪いせいでしょうが、ひょっとしたらヘイズ(インドネシアからの煙害)の影響か…

シンガポール街歩き#166(イスタナの衛兵交代式)

今日は11月最初の日曜日。夕方、イスタナ(大統領官邸)の正門前で行われる衛兵交代式を見てきました。 イスタナの衛兵交代式は、7、8月を除く毎月月初めの日曜日の夕方(18時頃)に行われます。 私はこのセレモニーが好きで、よく見に行っています。式の手…

シンガポール街歩き#165(Singapore River Festival 2016)

昨夜、シンガポール川沿いは沢山の人出で賑わっていました。 11月4-5日の両日、川沿いにあるナイトスポットを中心に"Singapore River Festival 2016"が行われています。 たまたま通りかかったクラーク・キーでは、川に張ったロープの上を音楽に合わせて歩…

シンガポール街歩き#164(CHA TRA MUE のタイ・ミルクティー)

すこし遅めのランチに出た帰り、思い立って"CHA TRA MUE CAFE"に立ち寄りました。 ここは、先日、職場の女性から教えてもらったばかりのタイ紅茶専門店です。いつも行列ができる人気店とか。タイでは、1945年に創業した老舗らしい。 場所は、MRT Telok Aye…

シンガポール街歩き#163(ジュロン・バード・パークその6)

シンガポールは雨季に入ったせいか、このところよく雨が降っています。今朝も曇り模様で、やや鬱陶しい毎日ですね。 さて、ジュロン・バード・パークの訪問記も今回(その6)でお仕舞いです。 このパークでは、これまで紹介してきた他にも沢山の鳥が飼われ…

シンガポール街歩き#162(ジュロン・バード・パークその5)

ジュロン・バード・パークで一番見たかったのがフクロウです。 欧州などでは知性と賢さのシンボルとされ、その姿や生態から"森の哲学者"などと呼ばれていますね。映画『ハリー・ポッター』でも"シロフクロウ"が登場して人気でした。 このパーク内では"…

シンガポール街歩き#161(ジュロン・バード・パークその4)

今日から月変わり、はや11月(霜月)ですね。日本では、紅葉が見頃でしょうか。 常夏のシンガポールでは、毎日暑さが続いています。ただ、これから雨季に入るので、少しは暑さも和らぐのではと期待しているのですが・・・。 さて、今回はジュロン・バード・…

シンガポール街歩き#160(阿波踊り@オーチャード)

日曜日、ゆっくり起きてブランチにオーチャードまで散歩。途中で、阿波踊りのパフォーマンスを見物しました。 シンガポールと日本の国交50周年を記念した"SJ50まつり"で、このあたりは今日も賑やかでした。 高円寺の阿波踊り連、なかなかの遣い手揃いで、…

シンガポール街歩き#159(SJ50まつり)

昨日(29日)は土曜日で仕事はお休み。オーチャードのニーアンシティ(高島屋)前の広場で「SJ50まつり」が行われていると聞き出かけました。 今年は日本とシンガポールの国交50周年にあたるので、そのお祝いの一環として開催されたイベントですね。 広場に…

シンガポール街歩き#158(ジュロン・バード・パークその3)

園内で、次に訪れたのが"ロリー・ロフト"。ここは、豪州の自然を模して造ったと言われる鳥舎です。 鳥舎といっても、大きな敷地全体を網で囲ったもの。内部には、吊り橋や空中通路が設けてあります。 このなかには、色鮮やかなインコが放し飼いにされてい…

シンガポール街歩き#157(ジュロン・バード・パークその2)

パーク内で最も迫力があるのが滝ですね。高さ30mから大量の水が落下する様は壮観です。人工の滝としては、どうやら世界最大級らしい。 標高差が少ない島国で、自然の滝がないのなら人工的に造ってしまうのがシンガポールの凄いところ。その構想力と実行力に…

シンガポール街歩き#156(ジュロン・バード・パークその1)

久しぶりにジュロン・バード・パークを訪れました。当地に来てから2回目の訪問です。 ここは、1971年の開業以来、珍しい鳥類が間近に見られる施設として高い人気があります。 約20haの広い園内は自然に近い環境が整えられ、約400種、5,000羽を超える鳥が飼育…

シンガポール街歩き#155(松發肉骨茶【バクテー】)

オーチャードに松發肉骨茶(Song Fa Bak Kut Teh)が出店したと聞き出かけました。 場所はMRTサマセット駅から至近のセンターポイントにあります。このショッピングモールは最近まで改装中の店が多く、中に入ったのは今回が初めてです。 松發(Song Fa)は、…

シンガポール街歩き#154(ディーパバリ【Deepavali】2016)

リトルインディアに出かけました。 セラングーン・ロードを中心に、あちこちに綺麗な飾り付けがありました。間もなくやってくるディーパバリ【Deepavali】の準備ですね。 ディーパバリは、ヒンズー教徒の新年を祝うお祭りのこと。「光の祭典」とも呼ばれ、ヒ…

シンガポール街歩き#153(パントラー【Pantler】でひと休み)

前回紹介したシンガポール・オルゴール博物館の見学のあと、すぐそばにあるパントラー【Pantler】でひと休みしました。場所は、Telok Ayer Street にあります。 ここは2014年に開業した、人気のケーキショップ兼カフェですね。 日本人パティシエが作るケーキ…

シンガポール街歩き#152(オルゴール博物館)

Telok Ayer ストリートに今年1月開業したシンガポール・オルゴール博物館を訪ねました。 場所はシアン・ホッケン寺院の左隣、三重塔(パゴダ)がある敷地内にあります。 日本人が創設した博物館で、100年以上前に製作された貴重なオルゴールなど約200点が収…

シンガポール街歩き#151(バナナ・リーフ・アポロのフィッシュヘッド・カレー)

リトルインディアにあるフィッシュヘッド・カレーの名店、バナナ・リーフ・アポロ(Banana Leaf Aporo)に出かけました。 MRTリトルインディア駅のすぐ近く、店構えが大きいので結構目立ってますね。 注文したのは、名物のフィッシュヘッド・カレーとビリア…

シンガポール街歩き#150(クリスタル・ジェイド・キッチンでランチ)

当地に来てから読書量が格段に落ちました。これは、本よりも、シンガポールをあちこち見て歩く方が楽しかったからでしょう。 さすがに駐在1年を越えた頃から、また無性に本が読みたくなりました。 昨夜、読み終えたのが和田竜の『村上海賊の娘』。1576(天正…

シンガポール街歩き#149(ドンポー・コロニアル・カフェ)

昨日はビクトリー・レストランでのランチの後、近くにあるカフェに立ち寄りました。 訪れたのは、ドンポー・コロニアル・カフェ(Dong Po Colonial Cafe)。アラブ・ストリート、サルタン・モスクのすぐ近くにあります。 中国海南島出身の菓子職人が1950年代…

シンガポール街歩き#148(ビクトリー・レストランでランチ)

今日のシンガポールは暑い一日でした。 遅めのランチを食べに、歩いてアラブ・ストリートまで。 訪ねたのはビクトリー・レストラン。ハラル食を提供するムスリム・フードのお店です。 場所は、サルタン・モスクのすぐ近くにあります。 注文したのは、ムルタ…

シンガポール街歩き#147(ARCHIFEST 2016)

職場への行き来で、いつも通うラッフルズ・プレイス。ここに色鮮やかな構造物が現れました。 どうやら"ARCHIFEST 2016"のパビリオンらしい。 自由に入れる内部の様子は次のようでした。 結構広くて、見学者が沢山入っていました。 このイベントは、9月23日か…

ジョホール・バル散歩 #5(万隆麺)

かなり歩いたあと、街の中心部にあるシティ・スクェアで遅めのランチを摂ることに。 折角なのでローカルフードが食べられるSEDAP CORNERに入りました。 注文したのは万隆麺(Mee Bandung)。 量が多く、見栄えはもうひとつですが、甘辛の味付けで美味しかっ…

ジョホール・バル散歩 #4(ジャラン・ドービーあたり)

ジョホール・バルの下町ジャラン・ドービーの周辺は、昔ながらの商店や飲食店が立ち並ぶエリアです。 古びた建物に洋服の仕立て屋、生地屋、金物屋、両替商、カフェなどが入っていて、時間が止まったような感覚に陥ります。 また、ここはマレーと中国、イン…

シンガポール街歩き#146(ホワイトローズ・カフェでランチ)

今日は日曜日。朝からゆっくり過ごしています。 良い天気なので歩いてランチに出かけました。出かけた先は、ホワイトローズ・カフェ。オーチャードのマウント・エリザベス病院の裏手、ヨークホテルにあります。 ローカルフードの名店としてファンが多いと聞…

シンガポール街歩き#145(マリーナエリアに架かる虹)

昨日(9月30日)の夕方、マリーナエリアの空に大きな虹が架かっていました。 午後から夕方にかけて、ほんの少し雨が降ったからでしょうか。 これほど大きな虹を見たのは本当に久しぶりで、暫く見とれていました。

ジョホール・バル散歩 #3(州政府庁舎)

ジョホール動物園から街の中心部へは、徒歩で15〜20分ほど。 そのまちなかに、よく目立つ建物があります。ジョホールのランドマーク、州政府庁舎です。 その独特なデザインは、マレー様式とコロニアルスタイルが融合したもの。重厚で立派な佇まいです。第二…

ジョホール・バル散歩 #2(ジョホール動物園)

アブ・バカール・モスクのすぐ近くにジョホール動物園があります。 もともと王室の私設動物園として1928年につくられたものとか。マレーシアで最も古い動物園で、現在は州政府が管理しています。 入場料は2RM(約50円)と格安でした。 規模は小さいですが、…

ジョホール・バル散歩 #1(アブ・バカール・モスク)

シンガポールから国境を越えて、対岸の街ジョホール・バル(マレーシア)を歩いて来ました。 行きは、ブギスのクイーン・ストリート・ターミナルからタクシーで国境越え。出入国手続きを車内で座ったまま出来ることや、最初の目的地まで運んでくれることから…

シンガポール街歩き#144(マレー鉄道廃線跡)

MRTビューティー・ワールド駅からブキティマ自然保護区に向かって歩く途中に、マレー鉄道の廃線があります。 高架下を通っているのが、ビジターセンターへと向かうハインドヒード・ロード(Hindhede Rd.)です。 脇に階段があって廃線跡に上ると、写真のよう…

シンガポール街歩き#143(ブキティマ自然保護区と文東記チキンライス)

今日は日曜日。よい天気だったので、MRTに乗ってブキティマ自然保護区に歩きに出かけました。 ブキティマ自然保護区の最寄駅は、ダウンタウン線のビューティ・ワールド駅になります。 このウォーキングトレイルを歩くのは2回目。熱帯雨林特有の植生を見なが…