読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

高岡・富山まち歩きNo.3(高岡市金屋町・キューポラと煙突)

高岡市(富山県金屋町は、約400年続いた鋳物町です。


現在では銅器の全国シェアが約90%を占め、鉄器、アルミ製品(サッシ等)なども全国的に知られています。

特に「高岡銅器」は、地域団体商標にも登録される地域ブランドですね。

下の写真は、旧南部鋳造所のキューポラ(溶鉱炉)と煙突を撮ったもの。


これらは、大正13(1924)年に建設され、平成12(1998)年まで稼働していました。

現在は、国の登録有形文化財に選定されています。

何故か広い駐車場のなかにポツンと保存されており、フェンスの外から見学しました(駐車場の入り口が分からなかった)。

高岡にとっては貴重な産業文化遺産。 是非、後世まで残していって欲しいものです。

                                          (高岡の項、続く)