まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

ペナンまち歩きNo.14(ペナン・プラナカン・マンション)

ジョージタウンで一番訪れたかったのが、この「ペナン・プラナカン・マンション」です。

ペナンに息づくプラナカン文化を紹介する博物館ですね。
 
f:id:kaz-sasaki:20160422122400j:image
 
建物は、19世紀末に建てられたもの。
この建物自体が、プラナカン様式の豪奢な展示物となっています。
また、その鮮やかな外壁の色(ペパーミントグリーン)から「グリーン・マンション」とも呼ばれています。
 
f:id:kaz-sasaki:20160422124301j:image
 
プラナカンとは、マレー半島のペナン、マラッカ、シンガポールの3都市で繁栄した中国系マレーシア人をいいます。
男性はババ、女性はニョニャと呼ばれ、総称してプラナカンと言われています。
 
f:id:kaz-sasaki:20160422122908j:image
 
建物の内部は中国風と西洋風が巧みにマッチした内装となっています。
置かれた家具など調度品も素晴らしいものばかりでした。
ステンドグラス風の窓も、なかなか素敵です。
総じて華洋折衷様式のインテリアとなっていて、異質に見えるものが見事にマッチしています。
 
f:id:kaz-sasaki:20160422123548j:image
 
かつての厨房も見ることができます。
パステルカラーのプラナカン食器も沢山、展示されていました。
 
f:id:kaz-sasaki:20160422125451j:image
 
ここには1000点を超えるプラナカンの生活用品が展示されていて、とても見応えがありました。素晴らしかったです。
 

 ←ランキングに参加中です。
にほんブログ村