観光研究者のまち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

栗や柿など秋の収穫(田舎に帰省しました)

先日、所用があって実家に帰省しました。

私の田舎は、兵庫県の太子町。生まれたときから高校を卒業して大学進学のため上京するまで、この実家で暮らしていました。

実家には、そこそこ広い畑があります。かつては、野菜や果樹などたくさん栽培していましたが、今では私がたまに帰省して、玉ねぎを育てるくらいとなっています。

今回、久しぶりに帰省すると、10年ほど前に植えた栗の木の下に実がたくさん落ちていました。それも大きめの「毬栗(いがぐり)」が多かったです。

f:id:kaz-sasaki:20181102223023j:image

俗に「桃・栗3年、柿8年」と言いますが、この栗の木は既に10年選手。これまでも実がなっていたのに、それに気づかなかったのかもしれません。

f:id:kaz-sasaki:20181102223011j:image

今年は、柿も豊作でたわわに実っていました。

写真は渋柿ですが、甘い柿などの種類もいろいろあります。

f:id:kaz-sasaki:20181102223154j:image

ほとんど世話もしていないのに、変わらず実り続ける果樹には少し驚きました。

思いもかけず秋の収穫を行い、その恵みに感謝しました。


にほんブログ村