読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

アンコール遺跡見て歩き#14(カンボジアシルクとアーティザン・アンコール)

シェムリアップでは、カンボジアシルクを見たいと思っていました。東南アジアでシルクと言えばタイシルク、絣と言えばインドネシアのイカットが有名です。でも、カンボジアシルクもそれらに引けを取らないと聞きます。なかでもホール(絣)やパームオン(玉虫色の布)と呼ばれる手織りのシルクは素晴らしいとか。

そこで訪ねたのが、アーティザン・アンコール(アンコールの職人たち)。カンボジア政府とフランスによって1992年に設立された職業訓練校が、現在はカンボジア伝統工芸の技術学校、工房等として運営されています。

本当は、アンコールシルクファームに行きたかったのですが、遠くて断念。代わりに、市内にあるショップ併設の工芸品工房を見学しました。

ショップは、こんな感じです。

f:id:kaz-sasaki:20170210165440j:image

f:id:kaz-sasaki:20170210235513j:image

ここには、色鮮やかなカンボジアシルクが置いてありました。街なかで売っているものより、品質もデザインも良くて洗練された感じですね。

f:id:kaz-sasaki:20170210162945j:image

この工房は、漆、石彫り、木彫り、金属工芸などがメインなので、こんな商品も売られています。

f:id:kaz-sasaki:20170210163210j:image

工房の見学は、日本人女性が案内してくれました。そこではカンボジアの人たちが、いろいろな作業に取り組んでいました。

f:id:kaz-sasaki:20170210163412j:image

f:id:kaz-sasaki:20170210163502j:image

内戦などで、伝統工芸の技術がうまく伝承されない時期があったカンボジア。何とか、それらを復興して次の世代へと繋いで欲しいものです。

ともあれ個人的には、色鮮やかなカンボジアシルクが一番魅力的に映りました。


にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村