観光研究者の街歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

二十二社詣で&大和神社(奈良・天理市)

時間がかかるかもしれませんが、これから「二十二社詣で」をやってみようと思っています。

きっかけは、昨年11月に出版された『二十二社 ~朝廷が定めた格式ある神社22~ 』島田裕巳幻冬社新書)を読んで、とても面白く、かつ興味深かったこと。

二十二社」とは、神社の社格のひとつで、天変地異などの重大事が起こったときに国家(朝廷)が奉幣使を立てた神社を指します。

二十二社」がすべて定まったのは、1039年(平安時代後期)といわれています。

当時の朝廷が深く帰依して手厚く祀り、国家的な異変が起きた際に頼ったとされる22の神社で、いずれも社格が高い(大小神社の首班に列する)ものが選ばれています。

観光振興や地域ブランドのリサーチをしている身としては、ぜひ「二十二社」を自分の目で確かめておきたいと思った次第です。

もちろん参詣することで、社格が高いとされる神社のご利益に期待したこともありますが。

まずは「二十二社」に選ばれている神社を具体的にみておきましょう。

  【上七社】

    ・伊勢神宮(三重・伊勢市

    ・石清水八幡宮(京都・八幡市

    ・上賀茂、下鴨神社京都市

    ・松尾大社京都市

    ・平野神社京都市

    ・伏見稲荷大社京都市

    ・春日大社奈良市

  【中七社】

    ・大原野神社京都市

    ・大神神社(奈良・桜井市

    ・石上神宮(奈良・天理市

    ・大和神社(奈良・天理市

    ・廣瀬大社(奈良・河合町)

    ・龍田大社(奈良・三郷町

    ・住吉大社大阪市

  【下八社】

    ・日吉大社(滋賀・大津市

    ・梅宮大社京都市

    ・吉田神社京都市

    ・廣田神社(兵庫・西宮市)

    ・八坂神社(京都市

    ・北野天満宮京都市

    ・丹生川上神社、中社(奈良・東吉野村

            上社(奈良・川上村)

            下社(奈良・下市町)

    ・貴船神社京都市

以上ですが、大きな特徴は次の通りです。

 ①「二十二社」を3つ(上社、中社、下社)に区分している。

 ②地域は京都と奈良が中心で、三重、大阪、滋賀、兵庫にも存在する。

 ③伊勢神宮春日大社伏見稲荷大社など、多くの人が名前を知る神社がある一方で、丹生川上神社のようにあまり知られていない神社も含まれている。 

 ④出雲大社厳島神社など近畿圏にない神社は含まれていない。

最近は「二十二社」を巡るツアーの人気も出始めているとか。

まあ、これは御朱印ブームなどが背景にあるようですが。

この「二十二社」は一体どんな神社なのか、これから何年かかるか分かりませんが、私も一つひとつ訪ねてみたいと思います(既に訪れている神社もあります)。

ということで、早速出かけたのが奈良県天理市にある「大和神社」と「石上神宮」など。

写真は「大和神社」(おおやまと・じんじゃ)の社殿を撮ったものです。

f:id:kaz-sasaki:20200128222538j:image

参道から見るとこんな感じですね。 f:id:kaz-sasaki:20200128222628j:image

次回から、訪れた際に撮った写真を交えてレポートしていきたいと思います。 

 
旅行・観光ランキング

帯広農業高校がセンバツ出場へ(十勝・帯広)

先週、選抜高校野球2020の出場校(32校)が決まりましたね。

個人的には、帯広農業高校(北海道)の21世紀枠での選出がとても嬉しかったです。

1982年の夏以来、甲子園には38年ぶりの出場とか(春は初出場です)。

日本各地のなかで十勝・帯広の風土が好きで、年に1回は必ずといってよいくらいに訪れています。

帯広農業高校には、昨年の初夏に初めて訪れました。

同校の敷地内にあるカラマツの並木(防風林)が何とも素晴らしいと聞き、それを見学してきました。

写真は、そのカラマツの並木(全長420m)を撮ったものです。

f:id:kaz-sasaki:20200127215257j:image

ただし、帯広農業高校の敷地は、東京ドーム23.5個分の広さがあります。

おかげで自力ではカラマツ並木までたどり着けず、迷子になってしまいました。

野球グラウンドの近くをウロウロしていて、近くにいた生徒さんに方角と場所を教えてもらって、ようやくたどり着くことができました。

その際にグラウンド内から大きな声で挨拶してくれた野球部員の元気さには、びっくりしました。 

今思い起こせば、バックネットに「めざせ甲子園出場」といったような幕が張られていましたね。

その時は、それほどの強豪校とはつゆ知らず、でしたが。

それにしても、この高校の生徒さんは、みな礼儀正しくて親切ですね。 とても雰囲気の良い素晴らしい学校です。

風に鳴るカラマツの並木を見上げながら暫く散策しましたが、心身ともに癒されるようでした。

白樺も綺麗に並んで植えてありました。

f:id:kaz-sasaki:20200127215401j:image

校内(敷地)への立ち入りは自由のようで、都会の学校のような塀とか門扉などは見当たりません。 

何ともおおらかで、都会のせせこましい生活を送る身からすると羨ましい限りです。

なお、帯広農業高校のOGに漫画家の荒川弘(女性です)がいます。

彼女が描いた人気の連載漫画「銀の匙 Silver Spoon」の舞台(大蝦夷農業高校)は、ここ帯広農業高校がモデルとなっています。

2018年、夏の甲子園で活躍した金足農業高校秋田県)と同じくらいの活躍を帯広農業高校にも期待したいと思っています。

ちなみに、今春のセンバツで北海道代表は、白樺学園高校となりました。

白樺学園高校は芽室町にあり、私の好きな十勝地方から2校の出場となります。

この春の楽しみが一挙に増えて、とても嬉しく思っています。

(なお、私の出身県である兵庫県からは明石商業高校が出場します。 念のためのお知らせでした。)


旅行・観光ランキング

渋谷道玄坂あたり、夜20時頃(東京・渋谷区)

この土日は自宅でゆっくりと過ごしていました。 

寒さが苦手なので、真冬の1月と2月はよほどのことがない限り旅には出ないようにしています。

写真は、先週の金曜日、仕事帰りに道玄坂から撮った渋谷の夜景です。

f:id:kaz-sasaki:20200126230212j:image

渋谷は通勤の乗り換え駅として使っています。

毎日のように通ってはいますが、駅から外に出る事はあまりないですね。

いつも、人の多さと混雑ぶりに閉口して、さっさと乗り換えることが多いです。

この日は、道玄坂上にある書店へとたまたま出かけたので撮ってみました。

写真の真ん中の高いビルは、昨年11月に開業したばかりの"渋谷スクランブルスクェア"ですね。

地上47階、地下7階建て、高さ約230mの高層ビルです。

渋谷地区では今一番高いビルだそう。

ここの屋上にある展望台"渋谷スカイ"がとても人気となっています。

夜景を見に一度は行ってみたいのですが、それも暖かくなってからになるでしょうか。


旅行・観光ランキング

原茂ワイン(山梨・勝沼#5)

勝沼では、原茂(はらも)ワインにも訪れました。

f:id:kaz-sasaki:20200123231840j:image

ブドウの一大産地である山梨県には、およそ80社のワイナリーがあります。 

その数は、ダントツに日本一ですね。

ちなみに、その次に多いのは長野県と北海道で、それぞれ34社あります(平成29年3月末現在)。

山梨県のなかでは30社ほどが、ここ勝沼甲州市)に集中して立地しています。

大手資本から小さな家族経営まで様々ですが、やはり特色があって訪ねて面白いのは地場の小さなワイナリーですね。

原茂ワインは大正14年1924年)の創業です。

原茂という名前は屋号で、昔、原と呼ばれる地名であったことと、代々茂左衛門を襲名していたことに由来するとか。

f:id:kaz-sasaki:20200123231946j:image

年間生産量は50klと小規模ながら、勝沼の風土に合った丁寧なワイン造りをしている醸造所と評価は高いです。

とりわけ上の写真にあるように、築120年ほどの古民家をショップとカフェに改造していて、この建物を見るために訪れる人(私のことです)もいるワイナリーです。

建物の前には、一面にブドウ棚があって2階にあるカフェのテラスから眺めることができます。

建物の1階は、試飲兼ショップですね。

f:id:kaz-sasaki:20200123232030j:image

ここが生みだす「ハラモ ヴィンテージ 甲州シュール・リー」は、多くの人が一押しするお勧めのワインです。

2階にあるカフェの居心地もいいですね。

私が訪れた時には、庭にワイナリードッグのボーダーコリー君がいましたが、今も元気にしているでしょうか。

勝沼に行かれたら、ぜひ立ち寄ってみてください。

但し、4月~11月の期間営業です。

ここはおススメします。

 
旅行・観光ランキング

勝沼醸造&レストランテ「風」(山梨・勝沼#4)

勝沼甲州市)のフットパスを歩いている途中に、勝沼醸造を訪ねました。

ここは昭和12年(1937年)に創業された地場のワイナリーですね。

勝沼醸造の特徴は、地元の甲州産ブドウに徹底してこだわったワイン造りを続けていること。

もちろん、自前のブドウ畑も所有しています。

そのテロワール(ブドウ畑のある土地の性質等)を存分に活かした白ワイン「アルガブランカ」は、今では世界に認められるワインへと成長しています。

写真は、勝沼醸造の外観を撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20200121221452j:image

昔ながらの白壁の蔵を備えた立派な古民家風の建物ですね。

まるで日本酒の蔵元を訪ねたような感覚になりました。

かつてはここでワインを造っていたそうですが、現在は郊外の工場で醸造しているそう。

写真の建物は、ワインの試飲などビジターセンター的な役割を担っています。

続いて訪れたのが、少し離れたところにあるレストランテ「風」です。

ここは勝沼醸造が直営するレストランですね。 

f:id:kaz-sasaki:20200121221646j:image

勝沼のやや小高い丘に建っていて、周辺に広がるブドウ畑がよく見渡せます。

建物に入ると、高い天井がまるで教会のようでした。

f:id:kaz-sasaki:20200121221822j:image

オーナーが大浦天主堂(長崎)をイメージして造ったものとか。

昼時をかなり過ぎていたせいか、客席の人影はまばらでした。

ランチに合わせて注文したのが、樽発酵の白ワインです。

果実香と熟成時の樽の香りが合わさって、何とも複雑でボリュームある味わい。

とても美味しかったです。

料理も美味しくて、一人でしたが、ゆっくりと食事できました。

f:id:kaz-sasaki:20200121221944j:image

デザートはこんな感じでした。

f:id:kaz-sasaki:20200121222039j:image

晩秋のブドウ畑を眺めながら、しばらくボーっとできて、とても幸せな時間を過ごせました。

ここには季節を変えて、またワインと食事を楽しみに訪れたいと思います。


旅行・観光ランキング

勝沼フットパス(山梨・勝沼#3)

JR中央本線の「勝沼ぶどう郷駅」周辺は勝沼フットパスのコースとなっています。

f:id:kaz-sasaki:20200121214732j:image

フットパスとは、英国発祥の散策道のことですね。

森林や田園地帯、古い町並みなど地域に昔からある、ありのままの風景を楽しみながら歩く(Foot)ことができる小径(Path)のこと。

英国では、人々の生活を通して自然発生した小径を、私有地であったとしても一定のルールのもとに通行する権利を認めています。

これによって、今では地球6周分ものフットパス・コースが整備されているそう。

日本でも、いま各地でフットパスへの取り組みが進んでいます。 

昨年(2019年)の9月には、兵庫県北部の豊岡市などで「全国フットパスの集い2019 in 但馬」が開催されるなど、その認知度も向上しつつあります。

勝沼では、ぶどうの丘コース(約3㎞)などが整備されて、ぶどう園やワイナリー、近代化遺産(トンネルワインカーヴ、龍憲セラー、宮光園など)、温泉(ぶどうの丘)等を歩いてまわれるようになっています。

日本の観光も成熟化してきたせいか、最近は個人やグループでゆっくりと歩いて見てまわる旅に抵抗感がなくなってきました。

むしろクルマなどより、歩きやランニングの方がクール(かっこいい)と思われる時代ですね。 

TVでも「旅ラン」(NHK)という番組が人気で、私もよく見ています。

運動にもなるし環境にもやさしい。

この点でフットパスは、とても優れた小さな旅の形だと思います。

それに、他人の庭先や畑の近くなどをキョロキョロしながら歩いても、さほど怪しまれることも少ないです(程度問題ですが)。

まち歩き専門の旅行者(私のことです)にとっては、とてもありがたいですね。

写真は、フットパスを歩きながら撮った小さなワイナリーです。

f:id:kaz-sasaki:20200121214829j:image

次の写真は、晩秋のブドウ畑を撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20200121220106j:image

ブドウの取入れも終わって、やや寂しさを感じる畑の景色です。 

民家の隣にあったブトウ畑では、葉が色付いていました。 思いのほか鮮やかな色に驚きました。

f:id:kaz-sasaki:20200121220318j:image

勝沼のフットパスでは、普段見慣れない風景が多くて、楽しみながら歩くことができました。


旅行・観光ランキング

勝沼トンネルワインカーヴ(山梨・勝沼#2)

前回に紹介した「大日影トンネル遊歩道」(現在は閉鎖中です) を歩いて抜けると、その先にあるのが「勝沼トンネルワインカーヴ」です。

f:id:kaz-sasaki:20200120225459j:image

写真でも分かるように、このワインカーヴは、JR中央本線の旧深沢トンネルを活用したものです。

明治36年1903年)完成の石積みトンネルで、全長はおよそ1,100mあります。

完成からおよそ100年経った平成9年(1997年)にJR中央本線の線路付け替えに伴って廃止され、JR東日本から地元の勝沼町(現在の甲州市)へと無償譲渡されました。

勝沼町では、トンネル内の環境(温度、湿度など)がワインの保管・熟成に適していることから、平成17年(2005年)よりワインカーヴとして開業しています。

トンネルの扉は閉ざされていますが、近くにある事務所に頼めば内部を見学させてもらえます。

実際に見学すると、トンネルのなかはワインの保管庫が延々と並んでいました。

f:id:kaz-sasaki:20200120225542j:image

なかなかに壮観な眺めです。

720mlボトル換算で、1区画300本が収納可能だとか。 

保管料は月額2,500円(1区画)だそう。

ワインカーヴ全体では、およそ100万本の収容能力があり、地元のワイナリーのほか東京あたりの個人客も預けに来るとかで、保管庫は満杯とのことでした。

f:id:kaz-sasaki:20200120225752j:image

空き待ちには複数年かかるようですが、キャンセル待ちは受け付けているとのこと。

その盛況ぶりには、少しばかり驚きました。

確かに、甲州ワインなどが世界的に評価を高めてきているなか、ワイン関連市場の伸び代も大きいのでしょう。

近代化遺産を、そのまま展示(公開)するだけでなく、知恵をだして活用しつつ付加価値を高めていく。

地域活性化や観光振興にとって、優れた手法だと感心しました。

 
旅行・観光ランキング