観光研究者の街歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

旧堀部家住宅(愛知・犬山その3)

犬山の城下町に唯一残る武家風住宅があると聞き、訪ねてきました。

場所は、「名古屋往還」(犬山城下と名古屋を結ぶ街道)へと通じる外堀枡形のすぐ近くにあります。

f:id:kaz-sasaki:20191205214533j:image

ここは犬山藩主成瀬家の家臣だった堀部家の住宅ですね。

余談ですが、犬山藩は江戸期には藩として認められておらず、慶応4(1868)年に新政府から維新立藩として初めて認められました(尾張藩から独立)。 江戸期の犬山城主・成瀬氏は尾張藩の付家老という家格でした。

この旧堀部家住宅は、明治期に入った1883(明治16)年に12代当主が建てたものだそう。

明治維新後の建築ですが、武家屋敷の構えを踏襲して建てられた古民家です。

中に入ってみると、主屋、離座敷、土蔵など沢山の建物があってかなりの広さがありました。

主屋の南側には観賞用の中庭が造られています。 これが農家の造りと決定的に違うところだとか。

f:id:kaz-sasaki:20191205214755j:image

土塀を兼ねた渡り廊下も、長さが約22mあるとかで、なかなかに立派です。 庇が長く出ているので、土蔵などに行く際に屋根付きと同じ役割を果たしているそう。

f:id:kaz-sasaki:20191205214656j:image

興味深かったのが、主屋の座敷にある「電話室」と書かれた扉です。 

f:id:kaz-sasaki:20191205214825j:image

昔は、電話を小さな個室で架けていたのですね。 同じような造りは、私の故郷にある古民家でも見たことがあります。

これら建物は平成18年に、国の登録有形文化財に登録されています。

現在は、市が所有し、民間団体が運営を行っているとか。

はっきり言って、来客には愛想のない(良い印象がない)運営ぶりでしたが、建物自体は自由に見れたのでまあ良かったです(あくまで個人的感想です)。


旅行・観光ランキング

国宝・犬山城(愛知・犬山その2)

久しぶりに犬山城白帝城)に登ってきました。

この城は、1537(天文6)年に織田信康(信長の叔父)によって築城されたもの。

明治維新で城郭の大部分が取り壊され、現在は「現存天守12城」の一つである天守が残るのみとなっています。

三層四階の小ぶりな天守ですが、日本最古の様式を備えたもので、国宝に指定されている貴重なもの。 

ちなみに、国宝指定の天守は全国に5城あって、犬山城のほかは姫路城、松本城彦根城松江城となっています。

今回訪れてみると、残念なことに改修工事の真っ最中でした。

f:id:kaz-sasaki:20191204224131j:image

耐震補強等とかで、2019年12月まで工事が続く予定とか。 

小ぶりながらも立ち姿が美しい天守なので、写真に収めるのを楽しみに訪れたのですが・・・。 

事前に調べておけば良かったと、ほんの少し落ち込みました。

天守の内部見学は可能だったので、気を取り直して最上階(4階)にある望楼を目指しました。

その望楼(回り縁)から撮った木曽川の写真が、次のとおりです。

f:id:kaz-sasaki:20191204224216j:image

望楼の外部に回り縁があって、4方向の景色を眺めることが出来ます。

f:id:kaz-sasaki:20191204224240j:image

結構高いところにあり、外に出ての見学なので高所恐怖症の人には、やや辛いかもしれません。

城の真下を流れる木曽川周辺の景観は、まさに絶景でした。

次は、城門周辺を撮った写真です。

f:id:kaz-sasaki:20191204224406j:image

このあたりは、いかにも日本のお城らしい素晴らしい風景です。

また、犬山城の大きな特徴が、最近まで個人所有(成瀬氏)の城であったこと。

これは全国で唯一の事例ですね。

1617年に二代将軍・秀忠から成瀬氏(尾張藩付家老)が拝領して以降、ずっと成瀬家が受け継いできましたが、2004年に(財)犬山白帝文庫へと所有権が移されたそう。

それにしても、長年、個人で国宝の城を維持してきたというのは凄いですね。

ぜひ一度、訪れてみてください(できれば改修工事が終わってから)。

ここは皆さんにおススメします。


旅行・観光ランキング

犬山城下町・旧磯部邸など(愛知・犬山その1)

久しぶりに犬山(愛知県)を訪れました。

その昔、名古屋に赴任していた頃「犬山城」(国宝)などを見学に何度か出かけたことがあります。

近年、犬山城下の町並み整備が進んだと聞き、久しぶりに訪ねてきました。

JR名古屋駅名鉄電車へと乗り換えて、およそ30分ほどで名鉄犬山駅へと到着します。

ここから10分ばかりも歩くと、犬山城下のメインストリートである「本町通り」に着きました。

この「本町通り」には、古い民家や商家などが残っていて、町人町や商家町のレトロな雰囲気を味わうことが出来ます。

f:id:kaz-sasaki:20191203233850j:image

平成21年に電線地中化工事が完成したそうで、すっきりとした町並みとなっていました。 やはり歴史的町並みには、電柱や電線は似合いませんね。

この通りの突き当たりに「犬山城」が建っています(写真に小さく天守閣が写っています)。

「本町通り」に面して建っているのが「旧磯部邸」です。

江戸末期に建てられた商家で、「柏屋」の屋号で呉服商を営んでいたそう。

敷地は間口が狭く、奥行きが深い造り(ウナギの寝床)で、表通りから主屋、裏座敷、土蔵、奥土蔵などが建っています。

内部の様子は、次の写真の通りです。

f:id:kaz-sasaki:20191203234527j:image

f:id:kaz-sasaki:20191203234631j:image

一番の特徴は主屋の屋根で、かまぼこ状に膨らみを持たせた「起り屋根」(むくりやね)となっています。

f:id:kaz-sasaki:20191203233954j:image

この屋根のふくらみは、とても珍しいですね。 それに優雅な感じを受けます。

また、正面は2階建てですが、裏は平屋という、これまた珍しい構造となっています。 当地では、この造りを「バンコ二階」というらしい。

裏座敷に通じる廊下が弁柄色の赤壁だったり、土蔵はなまこ壁だったりと全体に豪奢な造りで、かなりの豪商だったように見受けられました。

この古い商家を見学できただけでも、犬山に出かけて良かったです。

なお、この商家の見学は無料でした。

次の写真は、高木邸を撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20191203234118j:image

同じく「本町通り」に面して建っています。

もともと酒造業を営んでいたらしく、かなり大きな商家でした。

ここは残念ながら内部の公開はなく、外からだけの見学でした。

「本町通り」には新旧取り混ぜて、いろんな店舗もあって、それらを冷かしながら歩くのも楽しかったです。

f:id:kaz-sasaki:20191203234743j:image

次回は、国宝の「犬山城天守」へと登ります。


旅行・観光ランキング

中山道・追分宿(軽井沢その6)

今回の軽井沢行きでは、追分宿も訪れました。

10月26日(土)付け日経新聞(「日経プラス1」)で、宿場町のランキングが掲載されており、追分宿軽井沢町)が第7位で紹介されていました。

それを読んだこともあって、久しぶりに訪れた次第です。

追分宿は、中山道69次のうち江戸から数えて20番目の宿場となります。

中山道の宿場のなかで最も標高が高い(およそ千メートル)ところに位置しているそう。

追分宿の名前は、ここで北国街道(善光寺街道)と分岐したことに由来しています。

江戸期には参勤交代の大名や善光寺参詣の旅人などで大いに賑わったとか。

軽井沢町の紹介によれば、本陣1、脇本陣2、旅籠35があったと記されています。

実際に訪れてみると、晩秋だったせいか人影も疎らで、のんびりと旧街道筋を散策することができました。

写真は、中山道(左手)と北国街道(右手)が分岐する "分去れ" を撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20191202235147j:image

少し寂しげな風景でしたが、近くには枡形茶屋跡などもあって、かつての宿場町の風情に思いを馳せることができました。

f:id:kaz-sasaki:20191202235223j:image

脇本陣の油屋は、現在、文化施設になっています。 

f:id:kaz-sasaki:20191202235247j:image

訪れた日は、既に今年の営業を終了した後(11月3日まで)で、内部を見学できませんでした。

旧街道沿いには、堀辰雄文学記念館があって、その正門には本陣にあった裏門が使われています。 裏門といっても、かなり立派な門で、往時の繁栄振りが伺えますね。

f:id:kaz-sasaki:20191202235318j:image

旧街道や宿場町を訪ねる旅も、結構面白そうです。

ちなみに冒頭で紹介した日経新聞の宿場町ランキングは、以下の通りでした。

 ①妻籠宿(長野・南木曽町)、②大内宿(福島・下郷町

 ③馬籠宿(岐阜・中津川市)、④奈良井宿(長野・塩尻市

 ⑤関宿(三重・亀山市)、  ⑥海野宿(長野・東御市

 ⑦追分宿(長野・軽井沢町)、⑧肥前浜宿(佐賀・鹿島市

 ⑨塩沢宿(新潟・南魚沼市)、⑩熊川宿(福井・若狭町

まだ訪れたことがない宿場町も多いので、これからの楽しみにしたいと思っています。


旅行・観光ランキング

石の教会・内村鑑三記念堂(軽井沢その5)

今回は、晩秋に訪れた軽井沢の旅の続きです。

久しぶりに訪れた軽井沢で、ぜひ見学したかったのが「石の教会・内村鑑三記念堂」でした。

この教会は、明治・大正期のキリスト教思想家・伝道者である内村鑑三(1861~1930年)の功績を称えるために建てられたもの。

場所は、中軽井沢の星野エリアにあるホテルブレストンコートに隣接して建っています。

実際に訪れてみると、星野エリア全体に沢山の観光客や宿泊客などが溢れていて、大変な賑わいでした。

「石の教会」の入り口まで行くと、イベントが行われているとかで中には入れません。

しばらく待っていると、教会へのアプローチ部分からの遠望ならOKとのこと。

アプローチは壁面まで石造りで、まるで欧州の城壁のような造りでした。

f:id:kaz-sasaki:20191201215141j:image

なかなか絵になる、インスタ映えしそうなアプローチですね。

その途中から「石の教会」が遠望できました。

f:id:kaz-sasaki:20191201215215j:image

見えたのは細長い石造りの構造物ですが、とても教会には見えなかったですね。

地上が礼拝堂で、地下が記念堂となっているそう。

この独特のフォルムを設計したのは、米国人建築家のケンドリック・ケロッグで、1988年に竣工しました。

無教会主義を唱えた内村鑑三に従って、信仰や形式にとらわれない教会だそう。

また「神が創造した天然こそが祈りの場である」という内村の思想から、光・水・木・石・緑という天地創造の5大要素(旧約聖書)全てを取り入れた設計となっているとか。

訪れた日は終日イベントがあって、残念ながら内部の見学ができませんでした。

f:id:kaz-sasaki:20191201215253j:image

ここには、また日を改めて訪問したいと思っています。


旅行・観光ランキング

タマネギの植え付けなど

先週末の帰省(兵庫県太子町)に合わせて、田舎の畑にタマネギの苗を植えてきました。

夏場に畑を耕しておいて、11月に植えるという毎年の恒例行事となっています。

タマネギは、この時期に苗を植え込むと翌年6月頃の収穫期まで放っておいても、まず大丈夫です。

たまにしか帰省できない身としては、手がかからないのが嬉しいですね。

といっても、収穫までに1~2回の肥料やりや草引きなどは必要ですが・・・。

今年は初心者におススメという「ネオアース・もみじ3号」など計150本の苗を植えてきました。

f:id:kaz-sasaki:20191128212004j:image

去年植えたタマネギの出来がもうひとつだったので、今年はうまく育ってくれると良いのですが。

次の写真は、今回収穫した栗とミカンです。

f:id:kaz-sasaki:20191128213428j:image

f:id:kaz-sasaki:20191128211434j:image

栗は良い実が少なかったですが、ミカンは豊作で結構美味しいものが採れました。

柿は昨年が沢山採れたせいか、今年はお休みでした。 実がほとんど付かなかったですね。 果物類には、よく実る ”表年” と、そうでもない ”裏年” があるのでしょうか。

無心に農作業や草取りなどをしていると、日頃のストレスや疲れが吹きとんで癒されるようでした。

来年の収穫が、いまから楽しみです。

 
旅行・観光ランキング

紅葉が見事な「聚遠亭」&龍野の町歩きで考えたこと(兵庫・龍野その3)

龍野の城下町(兵庫県たつの市)で開催された ”オータムフェスティバル” に出かけたら、ちょうど紅葉が見ごろを迎えていました。

龍野城跡(霞城跡)から少し山側へと上った先にあるのが、紅葉で知られた「聚遠亭」です。

「聚遠亭」の名は、前庭からの眺望が素晴らしいことから名付けられたものとか。

もともとは龍野藩主・脇坂公の屋敷跡ですね。

写真は、その茶室を撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20191127201636j:image

心字池に建てられた浮堂となっています。

安政年間(1854~1859年)に藩主の脇坂安宅公が京都所司代の職にあった際、その功績により孝明天皇から茶室を賜り、当地に移築したものとか。

久しぶりに訪ねると、ちょうど紅葉の盛りで、とても綺麗な景観が広がっていました。

次の写真は、「聚遠亭」にほど近い「紅葉谷」へと続く石段で撮ったもの。

f:id:kaz-sasaki:20191127201745j:image

こちらも、色づきが素晴らしい紅葉でした。

f:id:kaz-sasaki:20191127201850j:image

この辺りは、秋の紅葉に加えて春の桜花も見応えがあります。

龍野の城下町は、川(揖保川)と山(鶏籠山など)に囲まれた、ほんのわずかな平地に町並みが形成されています。 

そして、400年前からの町割りがほぼそのまま残されています。

そういう意味では、奇跡的に残った昔ながらの城下町といえます(ややオーバーですかね)。

高度成長期の市街地開発とは無縁で、しばらく前までは眠ったような町とも評されていました。

それが、歴史的(伝統的)町並みの価値が見直されることで、むしろ脚光を浴びるような時代となってきました。 

まあ、日本社会がそれだけ成熟したということでしょうか。

いま、日本の観光地には沢山の外国人観光客が訪れています。

一方、主要観光地(京都、鎌倉など)では観光客の集中がオーバーツーリズムという弊害を生み、地元住民の生活に支障をきたすような事態も報告されています。

これからは、増加し続ける外国人観光客(もちろん日本人観光客も)を、日本の各地域で分担して受け入れることが必要となってくるでしょう。

こうしたことから、まだその存在をさほど知られていない龍野のような町を、沢山の外国人観光客(日本人観光客も)が訪れるようになる日も近いのではと思います。

少子高齢化自治体の財政難等で、地方経済はますます大変になってくることが想定されますが、関係人口(旅行者等)を増加させることで一定の歯止めは十分に可能です。

それらに備えるためにも、たゆまずに ”町磨き” (私が勝手に作った造語です)をして、地域のブランド力を蓄えておくことが重要でしょう。

今回は、久しぶりに龍野の城下町を訪れて、いろいろと考えるところが多かったです。

次は、もう少し時間をとって、ゆっくり、のんびりと町歩きを楽しもうと思っています。

(龍野のレポートはひとまず今回でお仕舞いです)

  
旅行・観光ランキング