読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

一時帰国しました(羽田空港の様子)

シンガポールから日本に一時帰国しました。このところ日本での所用が続き、たびたび帰国しています。

飛行機に乗るのは楽しみですね。少なくとも飛行中は、自分の時間が持てるのでとても有り難いです。本を読んだり、映画を観たりと好きなように過ごしています。日本に来る便では、映画「沈黙」を観ました。遠藤周作の原作を映画化したもので、重いテーマを扱っていますが、いろいろと考えさせられました。

今朝の羽田空港国際線ターミナルは、いつものように賑わっています。

写真は、展望デッキから撮ったもの。少し雲がかかっていますが、良い天気です。

f:id:kaz-sasaki:20170524094354j:image

ターミナル内では、藤棚が作られていました。日本の季節感が出ていて嬉しくなります。

f:id:kaz-sasaki:20170524094628j:image

ラウンジでは、いつもの豚骨ラーメンとカレーを食べました。どちらも定番メニューで、ラウンジを利用するたびに食べています。

f:id:kaz-sasaki:20170524094842j:image

東京は人が多くて活気がありますが、その分ストレスも多くて疲れますね。2年間住んでいるシンガポール生活に、心身ともに慣れてしまったようです。

間もなく飛行機に搭乗です。残りのシンガポール生活を悔いのないよう頑張りたいと思います。

シンガポール街歩き#270(アルフォンソ・マンゴーなどの買い出し@リトルインディア)

昨日の土曜日、暑いなかリトルインディアまで買い物に出かけました。

この時期にリトルインディアへ買い出しとくれば、まずはアルフォンソ・マンゴーの調達となります。

世界最大のマンゴー生産国はインド(シェア4〜5割)ですね。100種類以上もの品種が栽培されるインドで、最も高級かつ美味しいとされるのがアルフォンソ・マンゴーとか。

昨年、たまたまリトルインディアの果物屋で購入して、その濃密な香りと味の良さに驚き、大が付くほどのファンとなりました。「マンゴーの王様」と呼ばれるのも納得です。

写真が、果物屋で買ったアルフォンソ・マンゴーです。今回は、12個入りを25s$で箱買いしました。

f:id:kaz-sasaki:20170521004824j:image

店先では、アルフォンソ・マンゴーの箱を積み上げて売っていました。まさに旬ですね。値段は、グレード等によって若干の差があるようです。

f:id:kaz-sasaki:20170521005209j:image

この後は、近くにあるLECafe(麗英)で、パイナップルタルトとビーンカルドタルトを買いました。

看板商品のパイナップルタルトは、別名"ゴールドボール"。ひとつがゴルフボールほどの大きさで、外皮は薄いタルト生地、なかの餡(ジャム)はパイナップルの甘酸っぱさが程よい加減です。今回は、写真の10個入り(11s$弱)を一つ買いました。

f:id:kaz-sasaki:20170521010134j:image

このパイナップルタルト、お土産にすると結構喜ばれます。重いのがたまに傷ですが、日本に持ち帰る際は決してスーツケースに入れず、機内持ち込みにしましょう。理由は、外皮が柔らかで壊れやすいからです。私は一度スーツケースに入れて持ち帰り、無残な姿となってしまった悲しい経験をしています。

もう一つ買ったのは、ビーンカルドタルト。売り切れの時が多いので、久しぶりの購入です。

f:id:kaz-sasaki:20170521011511j:image

エッグタルトとは異なり、中身が豆乳ベースで出来ています。さっぱりした味わいが魅力ですね。価格は、8個入りで9s$ほどでした。

なお、LECafe(麗英)は創業50年を超える老舗のローカルスイーツ店です。パイナップルタルトが有名ですが、このビーンカルドタルトも、なかなか美味しくお勧めです。

この他、テッカセンターの薬局で石鹸を購入。この石鹸については、また機会を設けて報告したいと思います(日本人にも好評の石鹸です)。

いろいろ買い物をして家に戻ったあとは、プールでひと泳ぎしました。昨日は、それなりに充実した休日を送れたようです(あくまで自己判定ですが)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#269(アラブ・ストリート辺り、19時過ぎ)

週末の金曜日、黄昏れ時のアラブ・ストリートに出かけました。

MRTブギス駅から歩いていくと、サルタン・モスクの尖塔(ミナレット)から大音量でアザーンが聞こえてきました。イスラム教徒は、一日5回の礼拝を行ないます。アザーンは、それら礼拝の時刻を信者へと知らせる呼びかけですね。独特の節回しとリズム、それに良く通る声で、ムスリムでなくともつい聞き惚れるほどです。

黄昏れ時のサルタン・モスク(1928年建造)は、ライトアップされて綺麗に輝いていました。このモスクには、何度訪れても見飽きることのない魅力があります。

f:id:kaz-sasaki:20170520121755j:image

サルタン・モスクの正面にあるのが、ブッソーラ・ストリート。週末の夜ということもあって、食事などを楽しむ人たちで溢れ返っていました。

f:id:kaz-sasaki:20170520012340j:image

一方、ショップハウスにブティックやカフェなどが入り、お洒落な通りとして人気のハジ・レーンは、こんな様子でした。

まずは、ノース・ブリッジ・ロードからハジ・レーンへの入り口辺りを撮った写真です。背後に高層ビルが建て込んできて、ショップハウスとの対照が面白い景観を生んでいます。

f:id:kaz-sasaki:20170520122003j:image

次は、ハジ・レーンの様子です。アーティストが演奏していたり、ブティックが営業していたり。昼間とは、また違った魅力があります。

f:id:kaz-sasaki:20170520013713j:image

ハジ・レーンでは、建物にウォールアートが描かれています。夜には、こんな光景になっていました。

f:id:kaz-sasaki:20170520122216j:image

ここアラブ・ストリートは、新旧の建物が折り重なって優れた景観を創り出していますね。それらに触発されて、個性的なブティックや飲食店、お洒落雑貨などの店が集まっています。人が集まる街づくりの事例としては、かなり参考となる場所ですね。個人的にも好きなエリアなので、また時間をおいてウォーキング&観察に来たいと思っています。

f:id:kaz-sasaki:20170520122352j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#268(歴史遺産"クリフォード・ピア"でランチ)

最近、本当に暑い日が続きますね。シンガポールでは、今が年間で最も暑い時期だとか。少し外出しただけで汗ダクとなり、やや消耗気味です。まあ、歳のせいもあるのでしょうが。でも駐在期間中に、出来るだけあちこち見ておきたいので、暑さにもめげることなく出かけたいと思います。

さて、シンガポール街歩きの続きです。

先日、日本から来た娘達と一緒にマリーナ・ベイにあるクリフォード・ピア(The Clifford Pier)で、ランチを食べてきました。

f:id:kaz-sasaki:20170518235855j:image

ここは、もともと1933年に建てられた桟橋(埠頭)ですね。船便が全盛だった当時は、シンガポールの玄関口として大いに賑わったとか。港町シンガポールの原点とも言える場所です。

その桟橋の待合所がリノベートされ、フラトン・ベイ・ホテルによりレストランとして運営されています。内装は、上品で素敵な仕上がり。これまで日本からの客人をお連れすると、例外なく喜んで頂けました。

とりわけランチは、ローカル料理を屋台(ホーカー)形式で提供していて、お勧めです。

今回、食べた料理の幾つかは、次の写真の通りです。誠に遺憾ながら、料理を撮る(&食べる)のに夢中で、肝心の料理名をメモし忘れました(ブロガー失格ですね)。

f:id:kaz-sasaki:20170519001748j:image

f:id:kaz-sasaki:20170519001804j:image

f:id:kaz-sasaki:20170519001823j:image

ローカル料理ばかりですが、どれも洗練された味付けで美味しかったです。

雰囲気やサービスも良くて、娘達も大満足の様子でした。午後3時頃からはアフタヌーンティーもやっているので、機会をみてまた訪れたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

ラオスの古都・ルアンパバーンに出かけました

暫くぶりのブログ更新となりました。

先週末からラオスの古都・ルアンパバーン(Luang Phabang)に出かけていました。

ラオスは、ベトナム、中国、ミャンマー、タイ、カンボジアに囲まれた東南アジア唯一の内陸国です。面積は日本の本州とほぼ同じ。国土の約7割は、山岳地帯の山国です。そこにおよそ690万人の人々が暮らしています。宗教は仏教です。

訪れたルアンパバーンは、旧王政(ラーンサーン王国)時代の首都ですね。現在、ラオスの首都はビエンチャンへと移っています。

山あいでアクセスが不便な古都ルアンパバーンには、王政時代やフランス統治時代の街並みや寺院等が、そのまま残されています。

1995年には街全体が世界文化遺産に登録されました。またラオスは、世界で一番行ってみたい国(NYタイムス紙の調査)の第1位にも選ばれたほど。私がこの国を訪れるのも初めてで、念願叶っての訪問でした。

今回のブログ記事では、撮ってきた写真の一部を速報として紹介したいと思います。

まずは、世界文化遺産の街並みをプーシーの丘から撮ったもの。山と川、それに緑に囲まれた静かな街です。市街地は、メコン川とカーン川、二つの川に囲まれています。

f:id:kaz-sasaki:20170517235419j:image

f:id:kaz-sasaki:20170518001923j:image

街なかの家並みは、こんな感じでした。クルマや人影は少なく、落ち着いた佇まいです。なかにはフランス統治時代のものと思われるお洒落な建物も残っていました。

f:id:kaz-sasaki:20170517235532j:image

f:id:kaz-sasaki:20170517235558j:image

街のあちこちに立派なお寺があります。美しい屋根の造りに特徴がありますね。

f:id:kaz-sasaki:20170517235901j:image

f:id:kaz-sasaki:20170517235920j:image

仏教国で、修業中のお坊さんが沢山住んでいます。毎日、早朝には托鉢の長い行列が見られます。

f:id:kaz-sasaki:20170518000055j:image

次の写真は、カーン川がメコン川に合流する付近に造られた竹橋です。乾季だけ架けられて、水嵩が増す雨季には小舟での渡航となるとか。

f:id:kaz-sasaki:20170518000323j:image

旧王宮は、現在、博物館として使われています。その前のメインストリートでは、毎晩、ナイトマーケットが開かれて賑わいます。

f:id:kaz-sasaki:20170518000551j:image

次は、郊外にあるクワンシーの滝の写真です。流れ落ちる水の様子が美しく、綺麗なエメラルド色でした。

f:id:kaz-sasaki:20170518000823j:image

このほか、早朝の市場やモン族の村、織物工房なども見て歩きました。メコン川のクルージングも良かったです。

街の雰囲気が素晴らしく、のんびりした様子は日頃のストレスから解放されるよう。食べ物も美味しくて、本当に癒されました。その昔、日本もこうだったのだろうなと思われる生活習慣や文化が、今も受け継がれています。

ルアンパバーンの街歩きは、また後日に詳しく書いていくつもりです。ということで、今回はラオス訪問の速報レポートでした。

f:id:kaz-sasaki:20170518002345j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#267(セントーサ・ボードウォークからの景観)

雨季が明けたはずのシンガポール。でも、昨日の午前中の雨は凄かったですね。とても歩ける状況ではなく、ビジネス街は雨宿りする人たちで溢れていました。

さて、今回はセントーサ・ボードウォーク(Sentosa Boardwalk)から眺める景観についてです。

セントーサ・ボードウォークは、Vivo City(MRTハーバーフロント駅)と対岸のセントーサ島を繋ぐ橋のこと。2011年に開通ですから、まだそんなに古くはないですね。長さは約550m。10分から15分もあれば、歩いて渡れます。

もしセントーサ島へ急ぐのでなければ、ゆっくりとデッキを歩くことをお勧めします。そこには、素晴らしい眺望が待っています。

まずは、Vivo City 側から見たセントーサ島です。広い空と海が気持ちよい空間を創っています。

f:id:kaz-sasaki:20170512223940j:image

向かって左側(東側)にボードウォークが続いています。鉄塔は、ガントリークレーン(コンテナ積出し用施設)ですね。かなり沢山あります。

f:id:kaz-sasaki:20170512224259j:image

ボードウォークを歩いていくと、こんな作品が現れました。海の向こうには、ケーブルカーや"筍コンドミニアム(リフレクションズ・アット・ケッペル・ベイ)"などが見えます。

f:id:kaz-sasaki:20170512224619j:image

また、こんな階段も。なかなか芸術的(?)ですね。ガントリークレーンも一緒に映りこんでしまいました。

f:id:kaz-sasaki:20170512225232j:image

ボードウォークの隣には、モノレール(セントーサ・エクスプレス)が走っています。

f:id:kaz-sasaki:20170512224241j:image

そして、セントーサ島側の終点では、こんな景色が見られます。

f:id:kaz-sasaki:20170512225504j:image

このボードウォークは、散歩スポットとしてお勧めですね。私がセントーサ島に行くときは、行きがボードウォーク、帰りは無料のモノレールを利用しています。

夜景も、マリーナ地区とはまた違った雰囲気があるそうなので、次回は夜景を撮りに行こうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

シンガポール街歩き#266(旧聞ながら"スター・ウォーズ・デー")

暑い日が続くシンガポールです。ところで、昨夜は満月でしたね。ひと目見ようと夜空を眺めていましたが、残念ながら雲間に隠れてほとんど見ることが出来ませんでした。その代わり、よく光る星を幾つか見つけたので、まあ今回は良しとしましょう。

さて、シンガポール街歩きの続きです。

今となっては旧聞に属しますが、5月4日に、日本からやって来た娘たちとガーデンズ・バイ・ザ・ベイに出かけました。

f:id:kaz-sasaki:20170512002659j:image

その際、スーパーツリーの森の近くで、こんな看板を見つけました。何やら見たことのある形にくり抜いてあります。

f:id:kaz-sasaki:20170512002848j:image

そう、5月4日は"スター・ウォーズ・デー"でしたね。

劇中での台詞"May the Force be with you(フォースと共にあらんことを)"を、"May 4th(5月4日)"にかけて記念日としたものとか。

シンガポールでは、政府観光局(STB)とウォルト・ディズニー(サウスイースト・アジア社)が提携し、5月4日から3日間に亘ってイベントを行っていました。

スーパーツリーの森では、こんな感じで準備が進められていました。

f:id:kaz-sasaki:20170512004957j:image

f:id:kaz-sasaki:20170512005015j:image

f:id:kaz-sasaki:20170512005033j:image

スター・ウォーズ好きの娘は、結構な喜びようでした。私と言えば、訳も分からず、一体何のイベントだろう、くらいの認識でした。後日、写真を整理していて、漸く"スター・ウォーズ・デー"の一大イベントだと気づいた次第です。

まあ、スター・ウォーズもさることながら、スカイウェイ(スーパーツリー)の空中散歩が楽しかったです。決して負け惜しみではありません・・・が、もっと早く気付いてイベントを見に行けばよかったと思ったのは、まさに「後の祭り」でした。

f:id:kaz-sasaki:20170512005825j:image

にほんブログ村 海外生活ブログへ