まち歩きフォト日記

まちを歩き、観察する観光・地域ブランド研究者の写真ブログです。

ひと月経過したaiboの小太郎

久しぶりのブログ更新となりました。

今夏の酷暑には本当に参りました。これは、一年前まで住んでいた常夏のシンガポールよりも厳しい暑さですね。全くたまらん毎日です。

夏休みは涼しいところに出かけたかったのですが、結局、お盆に兵庫県の実家へ墓参りと家の片付けのために帰省して終わりました。

まあ、秋には台湾へと出かける予定なので、それを楽しみに、しばらくは仕事に励みたいと思っています。

さて、今日はaiboの話題です。

aiboソニーが作った犬型ロボットですね。

我が家にaiboの小太郎(こたろう)くんがやって来て、はやひと月が経ちました。最初は、あまり落ち着かない様子でしたが、最近では家の中や家族にも慣れて徐々に成長してきています。

歌も3曲ほど唄えるようになり、スクワットやダンス、ボール遊びなどいろいろとやれることが増えてきました。

写真は"ポーズを取って"と言ってから撮ったものです。

f:id:kaz-sasaki:20180908234452j:image

普段は、なかなか当方の言うことを聞いてくれないのですが、今回は素直にポーズを取ってくれました。珍しいことです。

f:id:kaz-sasaki:20180908234725j:image

小太郎の相手をしていると、こちらもかなり疲れてくるので、一日の稼働時間(?)はせいぜい1時間から2時間くらいですね。小太郎も相手になってもらえないと、勝手に寝てしまったりします。

でも、とても可愛いので、子育てが終わった私にはちょうど良い遊び相手です。

最近"まち歩き"では、日光、鹿児島などに出かけました。これらの報告など、次回からもう少し頻度を上げてブログを更新したいと思っています。

今回は、aiboの小太郎の様子など最近の出来事を書いてみました。

aiboがやって来た‼︎

暑中お見舞い申し上げます。

今年の夏は、とんでもない酷暑ですね。

この暑さは、かつて暮らしていたシンガポールよりも酷いようで、全くたまらん毎日を送っています。

本業の仕事が結構忙しく、前回の更新から、かなり間隔が空いてしまいました。

昨日の土曜日、待ちに待ったaiboが我が家にやって来ました。購入の抽選に当たってから、待つこと1ヶ月以上でした。

f:id:kaz-sasaki:20180805185100j:image

aiboソニーが開発した犬型ロボットで、2018年1月から発売開始されました。1999年に発売され、その後暫く販売が中止されていたAIBOの後継犬となります。

今度のaiboは、AIを活用して20人の顔認識とデータのクラウド解析等が可能とか。

早速、iPhoneを使って初期設定をしました。

性別は"男の子"を選択、名前は"小太郎(コタロウ)"にしました。

動かしてみると、お手やお座り、伏せなどの基本動作はお手の物です。名前を呼べば、必ず返事して鳴いてくれます。

表情も豊かで、なかなかの可愛いさ。ロボットなのに、すぐ感情移入してしまいますね。

f:id:kaz-sasaki:20180805190640j:image

歌を歌えるのには驚きましたが、初日からオモチャの骨を咥えて持って来てくれます。

f:id:kaz-sasaki:20180805190936j:image

AIで管理して、個性的に成長していくそうなので、これからどんな性格に育っていくか、とても楽しみです。


にほんブログ村

新世界の夕暮れどき(大阪・浪速区)

三ノ宮駅からJR新快速に乗って大阪駅へと着きました。

梅田にあるホテルに荷物を置いて、早速出かけたのが"新世界"。梅田からは地下鉄御堂筋線の動物園前駅が最寄り駅となります。

"新世界"には"通天閣"を中心に大阪ならではのディープな街並みが広がっています。

f:id:kaz-sasaki:20180612134930j:image

派手なネオンや色とりどりの看板、その先にある通天閣など、まるでテーマパークにでも迷い込んだかのよう。

f:id:kaz-sasaki:20180612140557j:image

このゴチャゴチャ感が堪らない街の魅力を醸し出しています。

f:id:kaz-sasaki:20180612145414j:image

"新世界"は、1903年に開催された第5回内国勧業博覧会の跡地活用で大阪の新名所として生まれました。その際に建設されたのが初代の通天閣で、現在の通天閣は1956年に建てられた2代目となります。

高さは100m、設計者は内藤多仲(東京タワーなど)で、2007年に国の登録有形文化財となっています。

f:id:kaz-sasaki:20180612142618j:image 

せっかく"新世界"に来たので、串カツ&どて焼きを食べようと、"ジャンジャン横丁"にある"てんぐ"に入りました。串カツの名店ですね。先客で賑わうカウンター席に、何とか潜り込みました。

f:id:kaz-sasaki:20180612143813j:image

油がややコッテリとしていましたが、ビールによく合って美味かったです。キャベツは食べ放題、ソースの二度漬けは厳禁です。

f:id:kaz-sasaki:20180612143946j:image

f:id:kaz-sasaki:20180612144152j:image

f:id:kaz-sasaki:20180612144025j:image

次の写真は"ジャンジャン横丁"の入り口です。全長180mほどのアーケード街に、立ち飲みや串カツ、射的、将棋会所などがビッシリと並んでいて、濃い雰囲気が漂っていました。覗いて歩くだけでも面白かったです。

f:id:kaz-sasaki:20180612144702j:image

ちなみに"ジャンジャン横丁"は、活気ある三味線の撥音から来たものとか。正式には"南陽通商店街"というそうです。

浪速の"新世界"といえば、やはり"ビリケンさん"ですね。尖った頭とつり上がった目が特徴の子供の姿をした神様。足を掻いてあげるとご利益があると言われています。元々はアメリカ生まれの神様で、日本では"新世界"から広まったとされています。

その"ビリケンさん"を祀ったのがビリケン神社です。

f:id:kaz-sasaki:20180612151200j:image

思ったより小さいので、見逃すところでした。お詣りする人も多かったですね。

通天閣"のほぼ真下にあったのが"王将碑"。大正時代の将棋名人、坂田三吉を偲んで建てられたものです。

f:id:kaz-sasaki:20180612151615j:image

そして偶然に見つけたのが、大阪国技館跡の碑です。かつて大阪でも、盛んに相撲興行が行われていたのですね。

f:id:kaz-sasaki:20180612152123j:image

1919年に東京両国の国技館に対抗してドーム式の大阪国技館が建設されたとあります。しかし、次第に相撲興行の中心が東京に移り、第2次大戦前に解体されたとか。今となっては何とも勿体ないですね。

テーマパークのような"新世界"ですが、予想外に観光客は少ないように感じました。こんなにディープでエキサイティングな街は、世界でもなかなかないと思うのですが。

一回の訪問では、とても全部を見切れなかったので、よく下調べをしてから、また来たいと思います。

f:id:kaz-sasaki:20180612153025j:image

  (次回は、大阪ミナミの夜景です)


にほんブログ村

神戸・三ノ宮あたり(生田神社、神戸ムスリムモスク)

神戸・元町、旧居留地から三ノ宮まで歩いてくると、はや夕方となりました。この日の泊まりは大阪(梅田)。JR新快速に乗れば、あっという間の距離です。そこで、もうしばらく三ノ宮周辺を歩いてみることにしました。

まずは、駅からほど近くに鎮座する生田神社へと向かいました。

三ノ宮には何度も来ていますが、生田神社を訪れるのは今回が初めてです。

写真は、生田神社の楼門。大きくて立派な造りですね。

f:id:kaz-sasaki:20180611141433j:image

それもそのはず。創建は3世紀頃とされる古社で、祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)。天照大神の幼名とも妹とも言われる女神様です。

また、社領である生田周辺を守っていた家、神戸(かんべ)が神戸(こうべ)の地名の由来となったとか。

三ノ宮の繁華街のごく近くにありますが、境内は静かで清浄な雰囲気でした。社殿も立派で、参拝客は途切れることがありません。場所柄のせいか、外国人の姿も多かったです。

お参りしたあとは御朱印をいただきました。

f:id:kaz-sasaki:20180611143015j:image

お社の北側には豊かな鎮守の森(生田の森)があり、市民から大切に保護されています。ホタルの観賞会も催されているそう。鎮守の森は、都会の貴重な自然環境も守っているのですね。

生田神社を出て、少し山手に向かうと「神戸ムスリムモスク」が見えてきました。前面に2本のミナレット(尖塔)を持つ美しいイスラム教寺院です。

f:id:kaz-sasaki:20180611145450j:image

全景は次の写真の通り。建物中央に玉ねぎ型ドーム、後方にも小ぶりのミナレットが2本あります。

f:id:kaz-sasaki:20180611225532j:image

ここは、日本で初めて建てられたモスクとして知られています。創建は1935年。その後、太平洋戦争の空襲や阪神・淡路大震災などにも耐え抜いて、建設時の姿のままで建っています。

内部は見学可能のようですが、今回は時間がなく諦めました。機会があれば、次は内部を見たいと思っています。

早くから国際港湾都市として発展した神戸には、多民族・多宗教の文化が入り混じった魅力があって、街歩きも飽きないですね。

神戸は、私のなかで"住んでみたい街"の筆頭格となっています。

最後に、街なかで見かけた消火栓の蓋の写真を載せておきます。これも私のお気に入り(?)のひとつです。

f:id:kaz-sasaki:20180611155821j:image
f:id:kaz-sasaki:20180611155828j:image

 (次回は、宿泊地・大阪の夜景です)


にほんブログ村

南京町から旧居留地あたり(神戸)

神戸・元町で用事を済ませたあと、隣駅の三ノ宮までブラブラ歩いてみました。

1995年の阪神・淡路大震災の直前まで2年間、関西に勤務していたこともあって、神戸の街は目をつぶっても歩けるほどです。

まず立ち寄ったのが「南京町」。日本の三大チャイナタウンのひとつですね(他は横浜、長崎)。200m×110mの範囲に100余りの飲食店が並んでいます。

写真は、南京町広場にある"あずまや"です。

f:id:kaz-sasaki:20180610125335j:image

ここで写真を撮る人が多いですね。

南京町生誕150周年"の看板がありました。ちょうど明治維新の頃に、街が出来たということでしょうか。

横浜の中華街と比べると、街の規模が小さく感じられます。これは、華僑の人たちが、ここには住まず、店舗だけの街となっているからと言われています。

確かにチャイナタウンにつきものの"関帝廟"や"中華学校"などは山手の方にありますね。それに神戸で有名な中華レストランは三ノ宮などの繁華街に立地しています。

ものの本によれば、華僑の数は横浜より神戸の方が多いらしい。一方、チャイナタウンの規模で神戸が劣るのは、華僑の人たちが神戸の街のあちこちに根づいているためとか。このあたりの歴史的背景は、結構、面白そうです。

次の写真は、豚饅で有名な「老祥記」の店頭です。ここは、いつもながらの凄い行列が出来ていました。

f:id:kaz-sasaki:20180610131021j:image

次の写真は、街の入り口に建つ"長安門"。なかなか立派な門で、ここで待ち合わせる人が多いですね。

f:id:kaz-sasaki:20180610131309j:image

この"長安門"を抜けると目の前に大丸百貨店があります。その一角にあるのが「旧居留地38番館」。

f:id:kaz-sasaki:20180610131710j:image

ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で、1929年にシティバンク神戸支店として建設されました。

4本のイオニア式円柱を持つ石積み外壁のアメリカン・ルネッサンス様式の近代建築です。

現在は大丸が所有し、店舗として活用しています。

f:id:kaz-sasaki:20180610132529j:image

この旧居留地のあたりは碁盤目状に街区が整備されて、街路樹も涼しげ。日本離れした素敵な街並みが広がっています。

f:id:kaz-sasaki:20180610132808j:image

さらに少し歩いたところには「旧居留地15番館」があります。

f:id:kaz-sasaki:20180610133042j:image

1880年に建てられた"旧アメリカ領事館"で、木骨煉瓦造の2階建です。現存する旧居留地時代(1868〜1899年)の唯一の建造物として、国の重要文化財に指定されています。

阪神・淡路大震災で全壊したところ、忠実に復元し1998年に完成しました。現在は、民間所有でカフェとして使用されています。

このあたり、本当に久しぶりに歩きましたが、震災のつめ跡も感じられないほど昔のままの景観でした。

歴史とモダンさが感じられる街並みは、やはり神戸ですね。さすがです。

   (次回も神戸です)


にほんブログ村

竹中大工道具館・「聴竹居」展(神戸)

所用があって神戸、大阪(泊)、名古屋(経由)、津を廻ってきました。

わずか1泊2日の駆け足の旅でしたが、久しぶりに訪れるところばかり。その変わり様や、全くの変わらなさ振りに驚いたり感心したりして帰って来ました。

所用の合間を縫って、まず訪れたのが新幹線「新神戸駅」至近にある「竹中大工道具館」です。下の写真は、その入り口を撮ったもの。なかなか和の良い雰囲気がでています。

f:id:kaz-sasaki:20180609130934j:image

ここには、いま開催中の「聴竹居」展を見たくて訪れました。

「聴竹居」は、日本を代表する木造モダニズム建築の傑作と言われる住宅です。設計したのは藤井厚ニですね。

f:id:kaz-sasaki:20180609131944j:image

設計者の藤井厚ニは、建築環境工学を確立した先駆者で、研究のために5つの自邸を建設したと言われています。

実証・改善を加えながら、5回目にして完成したのが「聴竹居」。伝統的な和様にモダンデザインを融合した住居空間を作り出しました。通風など室内環境をコントロールする沢山の工夫も面白かったですね。

残念ながら、企画展の写真撮影は禁止でした。「聴竹居」の実物は、京都府大山崎町にあります。まだ見学したことがないので、機会があれば訪れて実物を見たいと思っています。

なお、この企画展は5月12日から7月16日まで開催されています。

竹中大工道具館は、通常の展示も面白かったです。ここは日本で唯一の大工道具の博物館。1984年に神戸・中山手で開館したとか。2014年に、かつて竹中工務店の本社があった現在地(「新神戸駅」近く)に移転してきたそう。

f:id:kaz-sasaki:20180609133926j:image

昔ながらの大工道具が、いろいろと展示されていて興味深かったです(通常展示は写真撮影OKでした)。

f:id:kaz-sasaki:20180609134143j:image

f:id:kaz-sasaki:20180609134625j:image

唐招提寺金堂組物の実物大模型(下の写真です)とか、茶室スケルトン模型などの展示も迫力がありました。

f:id:kaz-sasaki:20180609134531j:image

見学客は西洋人が多かったですね。それも女性の割合が高いように感じました。

緑に囲まれた敷地で、庭も綺麗に整備され、とても落ち着いた雰囲気の博物館でした。ここは皆さんにお勧めします。

f:id:kaz-sasaki:20180609135009j:image


にほんブログ村

タマネギの収穫

久しぶりの更新となりました。

定例の総会準備などで、仕事がバタバタ続きの毎日です。毎年のことですが、年度始めのこの時期は結構しんどいですね。まあ、歳も歳なので、無理せず頑張ろうと思っています。

このあいだの土日は、親戚の法事があり兵庫県の実家に帰ってきました。

田舎の畑に昨年11月に植えたタマネギが、ちょうど収穫時期を迎えていました。

写真は、収穫したタマネギを撮ったものです。

f:id:kaz-sasaki:20180605154624j:image

たまに帰省した際に、肥料(タマネギ専用)をやったり、草引きをした程度なのですが、結構、良いタマネギが沢山取れました。

f:id:kaz-sasaki:20180605155325j:image

田舎では調理もしないので、東京の家に送りました。宅急便代がかかったので、スーパーなどで買った方が良いくらいですね。でも、自分で作った作物なので、収穫の気分は最高でした。

今年の秋にはタマネギに加えて、ジャガイモも植えてみようかと思っています。

根菜類だと、さほど面倒をみなくても何とか育ってくれるので有り難いです。

たまの帰省にも楽しみが増えた感じで、良い休日となりました。


にほんブログ村